成功事例|アフィリエイトブログ作成から3ヶ月目までのPVと収益の推移

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
成功例|サイト作成|アフィリエイト
みなさんこんばんは。

当サイトをご覧いただきありがとうございます。このサイトに訪れたきっかけは「もっと簡単にお金を稼げる方法はないかな」「仕事が辛い、もっと楽がしたい」「働きたくない、できれば一生ダラダラのんびりしていたい」などと思って来ていただけた方もいるかもしれません。

そういった方には非常に残念な事実ですが、既に資産を構築している以外の方が楽して稼ぐことはほぼ100%不可能です。でも、「会社の給料以外にも収入を得ることができないか」「結婚・出産で会社を辞めたけど子育ても落ち着いたしまた働こうかな」などとお考えの方には、時間さえかければ収入の額は保証できませんが誰でも給料以外の収入を上げることが可能という言葉をお送りしたいと思います。

資産形成にはとにかく時間が必要です。私は30代になることから資産の構築に挑戦していますが、資産形成は早く始めればそれだけ効果が出るものです。特に20代の頃に私が知っておきたかった資産形成に関することをメインの題材として、色々な方向からアプローチして資産形成をお考えのみなさんにとって役に立つ情報が提供できればと思っています。

それではよろしくお願いします。

記事一覧を見たい方はこちらのリンクからお願いします。

これからアフィリエイトをはじめようと思っている人が知りたいことは、「作業を始めてからどのくらいの期間で収益が出始めるか」や「収益はいくらぐらいなのか」「収益が出るまでにかける労力はどれくらいか」などの目安ではないかと考えています。

私は最初に作ったサイトが1番よく伸びているのですが、アフィリエイトを始めてから1年間の間に5回ほどサイトを作成したり統合したりしています。そのため、上手くいったケーススタディはもちろん。失敗したケーススタディも包み隠さずお伝えできると思っています。

以前の記事「アフィリエイトを始める人がまず考えるべき5つのこと」を読んでいただくと分かりますが、私のやり方では最初に作成するサイトの成功率が1番高く2番目以降に作成するサイトの成功率から段々低くなるやり方になっています。

収益が上がるかどうかなどを考える前に、自分の得意なジャンルでサイトを作成することを重要視しているので、1番始めに作るサイトが最も自分が得意とするジャンルで最も知識も豊富になるはずだからです。

この記事では私が最初に作成したサイト「ひろきちの金券情報」についてのデータを見ながらサイト作成についてのケーススタディをやっていきます。

今回の記事では3ヶ月間のデータを見ていきます。別の記事で半年(6ヶ月)1年(12ヶ月)のデータもそれぞれ見ていき、各期間ごとに総括も載せておこうと考えています。

これからアフィリエイトを始める方に少しでも有益な情報となれば幸いです。

それではよろしくお願いします。

スポンサードリンク

成功事例|アフィリエイトブログ作成から3ヶ月目までのPVと収益の推移

サイト作成から3ヶ月間の記事数(記事作成数)・アクセス数・PV・収益の表データ

表|データ資料

サイト作成から3ヶ月間の記事数
(記事作成数)
1ヶ月目 25
2ヶ月目 42(17)
3ヶ月目 57(15)

サイト作成から3ヶ月間のアクセス数
(セッション数)
1ヶ月目 2,823
2ヶ月目 18,405
3ヶ月目 48,808

サイト作成から3ヶ月間のPV数
1ヶ月目 2,500
2ヶ月目 26,841
3ヶ月目 65,037

サイト作成から3ヶ月間の収益額
(アドセンス)
1ヶ月目 1,468 円
2ヶ月目 5,822 円
3ヶ月目 14,604 円

サイト作成から3ヶ月間の収益額
(アフィリエイト)
1ヶ月目 0 円
2ヶ月目 14 円
3ヶ月目 1,810 円

サイト作成から3ヶ月間の収益額(合計)
1ヶ月目 1,468 円
2ヶ月目 5,836 円
3ヶ月目 16,414 円

サイト作成から3ヶ月間の記事数(記事作成数)・アクセス数・PV・収益のグラフデータ

グラフ|資料

サイト作成から3ヶ月間の記事数

記事数3ヶ月推移

サイト作成から3ヶ月間のアクセス数(セッション数)

アクセス数3ヶ月推移

サイト作成から3ヶ月間のPV数

PV数3ヶ月推移

サイト作成から3ヶ月間の収益額(アドセンス)

アドセンス収益3ヶ月推移

サイト作成から3ヶ月間の収益額(アフィリエイト)

アフィリエイト収益3ヶ月推移

サイト作成から3ヶ月間の収益額(合計)

収益合計3ヶ月推移

サイト作成から3ヶ月間のサイト作成における方針について

コンセプト|目標|目的

サイト作成開始時にサイトをどのようなコンセプトで作成していかについてまとめておきます。

  • ライバルサイトは見ない
  • 金券の各ジャンルについて1記事以上書く
  • とにかく毎日1記事を基本方針(質より量)

なぜライバルサイトをチェックしなかったのか?

アフィリエイトサイトの作成ではライバルサイトのチェックをするのが基本ですが、私は最初に作成したサイトに関しては全く見ていません。というのも、自分の知識や情報にかなり自信があったのと、恐らく検索しても自分が提供するであろう情報は出てこないと考えていたからです。実際に3ヶ月以上経ってからはライバルサイトを見るようにしたこともありますが、実務を10年ほどやっている仕事で扱っている商品のことなので、ネットでちょっと調べた程度の情報しか載っていない現状にがっかりすらしました。

今アフィリエイトで稼ぎのあるサイトは検索エンジンから評価もされていて検索語句で上位表示もされているのですが、中身をよく見てみるとそれほど大した情報ではないこともあります。体験談などはなかなか良質の記事が作りにくいため、こういったコンテンツのあるサイトと新規サイトが真っ向勝負するのは大変かもしれませんが、現状30万PV以上あるいわゆる「セミプロ」のサイトでも、自分が圧倒的に自信を持っているジャンルに関しては、情報の内容自体はそれほどでもないことがよくあるとだけお伝えしておきます。

各ジャンルに関して1記事以上書くことにした理由

ひろきち金券メニュー

上の画像は現状のグローバルメニューになるのですが、この分類自体はサイト作成当初に9割方完成していました。後で追加したジャンルもありますが、金券のサイトならこのようにジャンルを分けるだろうという感覚があり、事実店舗サイトなどではほとんど上記のようにジャンル分けしています。

サイトの作成で私がまず重要としたのが、できるだけ早い段階で色々な内容の記事を作っておくことでした。このようにした理由は、どの内容に需要が大きくあるのかを早い段階で知っておくためです。サイトが検索エンジンから評価されるのには大体1ヶ月以上の時間がかかることは知っていたため、毎日1記事を作成する中でも1つの内容に偏ることがないように工夫しておいた方が需要のある検索クエリに注力できると考えたからです。

現時点で分かっていることはこれらの内容の中でも「新幹線」「格安航空券」「商品券」「ギフト券」「切手・はがき」にはかなり大きな需要があることです。店舗での売上金額も大体同じように大きいので予想通りではありましたが、早めに検索需要が知れたことも成功の1つの理由だと思います。

とにかく毎日1記事を書く

サイト作成の始めの段階で1番大事にしていたことは、とにかく毎日1記事作成することでした。仕事が終わってから家に返って1時間~2時間程度は必ず時間を取るようにして、サイト作成を習慣づけることを目的としていました。3ヶ月ぐらいであれば成果が全く出ない状態でもなんとか頑張れると考えていたので、なるべく時間を取って記事を作るようにしました。

毎日記事を作成すること自体にははっきり言ってあまり意味がないのですが、習うより慣れろの精神でサイト作成に慣れることを目的としていました。疲れている時などはどうしても寝てしまったりしていたので、最初の1ヶ月では25記事という結果になっていますが、今までやったことのないサイト作成に挑戦するのですから、このぐらいは最低ラインではないかと思います。

初めてアフィエイトサイトを作成していた時の私の心理状態

心|心理状態

サイト作成を始めてから3ヶ月ぐらいの間は、仕事から帰ってから毎日2時間も記事を書いていた割には比較的楽しんでいました。実際に店舗でお客様に聞かれるようなことに需要があると考えて、金券ショップはなぜクレジットカードが使えないのか?という記事や、かもめーる販売開始|発売日当日になんですぐ入荷するの?という記事を作っていましたが、これらがそこそこヒットを生み出したので、当時はほとんど収益が上がっていなかったにも関わらず、PVやアクセスの伸びから役に立っているサイトが作れていると感じて嬉しく思っていました。

1ヶ月目はほとんどアクセスのなかったサイトですが、2ヶ月目からは順調にアクセスも集まるようになるなど、自分で調べて予想していたサイトの成長速度よりもはるかに早いスピードでサイトが成長していくのが楽しかったです。正直な話、これは運がよかったとしか言えませんが、自分が1番自信のあるジャンルである程度のアクセスを早めに集めることができたのはよかったです。

まとめ|アフィリエイトサイトを作成するなら

説明|解説|案内|紹介

アフィリエイトサイトを作成して収益を上げるならある程度のアクセス数がないと話になりません。完全ホワイトハット(自演リンクなし)で作成した「サイトのアクセス数=社会への貢献度合い」だと私は考えているので、最初に作成するのは収益が上がるかどうかよりもアクセス数が取れるサイトを作成した方がいいと思います。それにはやはり自分が1番得意とするジャンルに挑戦するのが1番です。

収益だけを考えるなら「カードローン」や「クレジットカード」「FX」「婚活・出会い系」などがいいと言われていますが、たとえ全く関係ないジャンルであってもある程度のアクセス数があればアドセンスで収益を上げることもできます。

独立するぐらいの事業としてアフィリエイトをやっていくなら、稼げるキーワードはどうしても避けては通れないジャンルになってくると思いますが、副業レベルであれば自分が楽しくサイト作成ができるかどうかが最も重要な要素だと思っています。

楽しくなければ仕事が終わってからサイトを作成する気になんてなりませんし、すぐにネタが尽きてしまい続けることが難しいからです。

とにかくまずは自分が1番自信のあるジャンルでやってみることをおすすめします。

代表的なアフィリエイトサービス提供企業(ASP)

グーグルアドセンス
アフィリエイトの中でも基本中の基本といえるクリック報酬型広告が作成できます。 サイトにあった広告を探す目的でも利用できます。 各種ASPに登録する際に一緒に登録しておきましょう。

A8.net

日本で最大のASP企業です。私がメインで利用している会社なのですが、最もおすすめできるのは管理画面の見やすさと提携企業の検索がやりやすいことです。他のASPも色々試したのですが、操作性はA8.netがダントツです。
提携できる企業がバランスよくあるので、初心者の方にもおすすめです。

オススメ


バリューコマース

私がサブで利用しているASP企業です。A8.netでは提携できない企業が掲載されていたので利用しています。A8以外のASPと比べても比較的提携企業の検索がスムーズで管理画面も利用しやすいのでおすすめします。 ASPによって強い業種もありますから、慣れてきたら複数のASPに登録しておくことをおすすめします。

オススメ


失敗事例が気になる方はこちらのリンクから

それでは今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加