成功事例|アフィリエイトブログ作成から6ヶ月目までのPVと収益の推移

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
成功例|サイト作成|アフィリエイト
みなさんこんばんは。

当サイトをご覧いただきありがとうございます。このサイトに訪れたきっかけは「もっと簡単にお金を稼げる方法はないかな」「仕事が辛い、もっと楽がしたい」「働きたくない、できれば一生ダラダラのんびりしていたい」などと思って来ていただけた方もいるかもしれません。

そういった方には非常に残念な事実ですが、既に資産を構築している以外の方が楽して稼ぐことはほぼ100%不可能です。でも、「会社の給料以外にも収入を得ることができないか」「結婚・出産で会社を辞めたけど子育ても落ち着いたしまた働こうかな」などとお考えの方には、時間さえかければ収入の額は保証できませんが誰でも給料以外の収入を上げることが可能という言葉をお送りしたいと思います。

資産形成にはとにかく時間が必要です。私は30代になることから資産の構築に挑戦していますが、資産形成は早く始めればそれだけ効果が出るものです。特に20代の頃に私が知っておきたかった資産形成に関することをメインの題材として、色々な方向からアプローチして資産形成をお考えのみなさんにとって役に立つ情報が提供できればと思っています。

それではよろしくお願いします。

記事一覧を見たい方はこちらのリンクからお願いします。

これからアフィリエイトをはじめようと思っている人が知りたいことは、「作業を始めてからどのくらいの期間で収益が出始めるか」や「収益はいくらぐらいなのか」「収益が出るまでにかける労力はどれくらいか」などの目安ではないかと考えています。

私は最初に作ったサイトが1番よく伸びているのですが、アフィリエイトを始めてから1年間の間に5回ほどサイトを作成したり統合したりしています。そのため、上手くいったケーススタディはもちろん。失敗したケーススタディも包み隠さずお伝えできると思っています。

以前の記事「アフィリエイトを始める人がまず考えるべき5つのこと」を読んでいただくと分かりますが、私のやり方では最初に作成するサイトの成功率が1番高く2番目以降に作成するサイトの成功率から段々低くなるやり方になっています。

アフィリエイトを始める人がまず考えるべき5つのこと
アフィリエイトを始めようと決めた方がまず最初に考えることはどのような内容(=ジャンル)でサイトを作成するかということです。 初めてアフィリエイトサイト(アフィリエイトブログ)を作成する時にどのジャンルに挑戦するかは、自分が最も得意とすること(好きなこと)が1番手っ取り早いです。

収益が上がるかどうかなどを考える前に、自分の得意なジャンルでサイトを作成することを重要視しているので、1番始めに作るサイトが最も自分が得意とするジャンルで最も知識も豊富になるはずだからです。

この記事では私が最初に作成したサイト「ひろきちの金券情報」についてのデータを見ながらサイト作成についてのケーススタディをやっていきます。

今回の記事では半年間のデータを見ていきます。別の記事で3ヶ月、1年(12ヶ月)のデータもそれぞれ見ていき、各期間ごとに総括も載せておこうと考えています。

これからアフィリエイトを始める方に少しでも有益な情報となれば幸いです。

それではよろしくお願いします。

スポンサードリンク

成功事例
アフィリエイトブログ作成から
6ヶ月目までのPVと収益の推移

サイト作成から6ヶ月間の
記事数(記事作成数)・アクセス数・PV・収益の表データ

表|データ資料

サイト作成から6ヶ月間の記事数
(記事作成数)
1ヶ月目 25
2ヶ月目 42(17)
3ヶ月目 57(15)
4ヶ月目 80(23)
5ヶ月目 139(59)
6ヶ月目 174(35)

サイト作成から6ヶ月間のアクセス数
(セッション数)
1ヶ月目 2,823
2ヶ月目 18,405
3ヶ月目 48,808
4ヶ月目 100,133
5ヶ月目 69,874
6ヶ月目 99,929

サイト作成から6ヶ月間のPV数
1ヶ月目 2,500
2ヶ月目 26,841
3ヶ月目 65,037
4ヶ月目 128,097
5ヶ月目 93,094
6ヶ月目 130,870

サイト作成から6ヶ月間の収益額
(アドセンス)
1ヶ月目 1,468 円
2ヶ月目 5,822 円
3ヶ月目 14,604 円
4ヶ月目 26,144 円
5ヶ月目 21,925 円
6ヶ月目 30,620 円

サイト作成から6ヶ月間の収益額
(アフィリエイト)
1ヶ月目 0 円
2ヶ月目 14 円
3ヶ月目 1,810 円
4ヶ月目 19,681 円
5ヶ月目 31,299 円
6ヶ月目 15,465 円

サイト作成から6ヶ月間の収益額(合計)
1ヶ月目 1,468 円
2ヶ月目 5,836 円
3ヶ月目 16,414 円
4ヶ月目 45,825 円
5ヶ月目 53,224 円
6ヶ月目 46,085 円

サイト作成から6ヶ月間の
記事数(記事作成数)・アクセス数・PV・収益のグラフデータ

グラフ|資料

サイト作成から6ヶ月間の記事数

記事数6ヶ月推移

サイト作成から6ヶ月間のアクセス数(セッション数)

アクセス数6ヶ月推移

サイト作成から6ヶ月間のPV数

PV数6ヶ月推移

サイト作成から6ヶ月間の収益額(アドセンス)

アドセンス収益6ヶ月推移

サイト作成から6ヶ月間の収益額(アフィリエイト)

アフィリエイト収益6ヶ月推移

サイト作成から6ヶ月間の収益額(合計)

収益合計6ヶ月推移

サイト作成から3ヶ月経過し6ヶ月経つまでの
サイト作成における方針について

コンセプト|目標|目的

サイト作成3ヶ月目~6ヶ月目までにサイトをどのようなコンセプトで作成していかについてまとめておきます。

  • サーチコンソールを利用してサイトの需要について分析→その記事を作る
  • 1ヶ月程度大きな内容で記事を作成したら細かい需要を漏れなく取りに行く方針に変更
  • 記事作成の定型化を図り記事の量産を行う

サーチコンソールを利用して
サイトの需要について分析し
記事作成を行った理由

グーグルサーチコンソールを利用してサイトの需要を分析するのはサイト作成から3ヶ月程度経った段階から始めていましたが、サイトの強化に最も効率的な方法は、自サイトにどんな需要があるかを見極めることです。これにはある程度アナリティクスデータやサーチコンソールデータが集まらないと実行できないことなので、サイト作成開始から2ヶ月ぐらいはひたすら最初に設定した目標を達成することに力を注いだ方が却って効率がよくなります。

3ヶ月程度経って検索クエリのデータが集まった頃に、自サイトを訪問した読者がどのような検索クエリで訪問しているかを考え、自サイトに足りないコンテンツや自サイトを強化した方がいい検索クエリを考えるとより効率よくサイトの強化が行えます

方法論については後日記事を書こうと思っているのですが、簡単には表示回数が多くクリック数の少ない検索クエリに対する対策と、明らかに自サイトのジャンルには含まれているのに表示されない検索クエリに対するアプローチの2点が重要になります。

ひろきちの金券情報」では「かもめーる」の検索クエリが多いことが分かったため、かもめーるの当選番号を発表する記事を作成し、当日当選番号が分かり次第記事の更新をしたり、「格安航空券」の検索クエリ需要を見込んで記事を作成するなど、まだデータに見えていない検索クエリへのアプローチを行ったりしていました。

こういった記事の作成には記事の内容構成段階から2時間程度時間がかかることもあり、4ヶ月目の記事作成スピードは大分落ち込んでいますが、反対にアクセス数やPV数は大幅に伸びていることからも、毎日1記事作成そのものにはあまり意味がないことが分かります。

1ヶ月程度でサーチコンソールを利用した記事の作成を止め、
細かい需要を取りに行く方針に変更した理由

5ヶ月目に入ると大まかな記事はほとんど作ってしまった感覚があったため、細かい検索需要を取りに行こうと考えました。

また、その時には金券に関する検索クエリは大分取れるようになっていたのですが、「金券ショップ」の検索クエリの順位は50位程度をうろうろしていました。「金券ショップ」の検索クエリを調べると月間平均で6万回ほどの検索需要があったので、なんとか取りに行きたかったのですが、店舗のサイトではないためか中々順位が上がらずに苦しんでいました。

そこで、全国の店舗情報について記事作成をすれば検索クエリの順位も上がるのではないかと考え、店舗情報についての記事を作成することにしました

記事作成の定型化を図り記事の量産を行った理由

このあたりから記事作成の外注化(そのうち事業化すること)も視野に入れていたので、誰が作っても同じ内容になるような記事は自分が作成するべきではないと考えるようにもなっていました。そのため、記事作成におけるポイントを絞って記事を外注化し、作業のルーチンワーク化にも取り組むことにしたのです。

外注記事が納品されるまでには注文から1ヶ月~2ヶ月ほどの時間がかかるのと、店舗情報の記事を作成するのはかなり時間的な負担があったので、なるべく自分ではやらなくて済むようにしたかったのもあります。自分の売りは金券に対する知識の深さや実際に店頭に立って接客をしていることから分かる検索クエリの需要に対する嗅覚だと思っているので、誰でもできる作業は誰かにやってもらいたかったのです。

今ではあまり記事作成を外注しようとは考えていませんが、それでも大量に一定レベル以下でも構わない記事が必要になった時には依頼しようとは考えています。

実際にやってみたところ、外注した記事では大きな検索クエリを取れることはほとんどなく記事の外注に関する業務もそこそこ手間がかかるため、人によっては自分で記事を書いた方が早くてクオリティも出せると感じる人も少なくないと思います。

ただ、当時の私は真剣に事業化して独立することも考えていたので、記事作成作業の外注化は今後必須だと感じ挑戦しています。

初めてアフィエイトサイトを作成して
3ヶ月~6ヶ月の間の私の心理状態

心|心理状態

毎日1記事作成というような目標で、ただ記事を書き続けるだけではネタ切れとなってきました。また、アクセス数やPV数が5ヶ月目には落ち、6ヶ月目と4ヶ月目に大差がないなど、サイトの成長が伸び悩むようにもなっていました。

この時はサイトに足りない情報をどうやって補完していくか考察することや、外注の利用を思いつき挑戦してみるという方法の他に、サイトのジャンルにおけるアクセス数やPV数に限界があるかもしれないと考えて、失敗事例で紹介するサイトの作成などにも挑戦しています。

そういった関係もあり、今でもメインのサイトである「ひろきちの金券情報」にあまり時間を割いていませんでした。(外注記事や定型化した記事はアップしているため記事数は増えています)

正直なところ、この時期はサイト作成当初に比べると楽しさは薄れていき、「事業化するためにどうするか」や「収益が伸びなかったらどうしよう」など仕事として捉える時間が多く、あまりサイトの作成を楽しめていなかったように思います。

仕事として考えれば当然の悩みではあるのですが、楽しくサイトを作成することもアフィリエイトを長く続けるためには重要な要素ですから、あまりいい精神状態ではなかったと思っています。

これからアフィリエイトに挑戦する方も焦って成果を追い求めるのではなく、楽しくサイトを作っていけるような工夫をしておくことをおすすめします。私もまだ1年が経過したぐらいなのですが、アフィリエイトサイトから安定して生活できるレベルの報酬が発生するまでには2年程度の時間は見ておいた方がいいのではないかと思います。いつまでアフィリエイトが副業や事業として残っていけるかは疑問もありますが、5年~10年程度はまだ残っていけると感じているので、気長にやることをおすすめします。

代表的なアフィリエイトサービス提供企業(ASP)

グーグルアドセンス
アフィリエイトの中でも基本中の基本といえるクリック報酬型広告が作成できます。 サイトにあった広告を探す目的でも利用できます。 各種ASPに登録する際に一緒に登録しておきましょう。

A8.net

日本で最大のASP企業です。私がメインで利用している会社なのですが、最もおすすめできるのは管理画面の見やすさと提携企業の検索がやりやすいことです。他のASPも色々試したのですが、操作性はA8.netがダントツです。
提携できる企業がバランスよくあるので、初心者の方にもおすすめです。

オススメ


バリューコマース

私がサブで利用しているASP企業です。A8.netでは提携できない企業が掲載されていたので利用しています。A8以外のASPと比べても比較的提携企業の検索がスムーズで管理画面も利用しやすいのでおすすめします。 ASPによって強い業種もありますから、慣れてきたら複数のASPに登録しておくことをおすすめします。

オススメ


失敗事例が気になる方はこちらのリンクから

それでは今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加