【2019年】セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの運用実績【3年目】

資産形成のために

資産を築き上げるために必要なことや資産そのものについて説明しています。

不労所得を得られるような資産の形成は20代から挑戦するのが断然有利です。株式投資・FX・システムトレード・投資信託・アフィリエイト・不動産投資についてまじめに取り組んでいきましょう。

資産形成のために

iDeCoは税制上“ほぼ確実”に資産形成ができる制度|個人型確定拠出年金について

当サイトでは資産形成のお手伝いに役立つ情報を提供していますが、税制上“ほぼ確実”に資産を増やすことができるiDeCo(個人型確定拠出年金)についての紹介をしていませんでした。自分事ですが、今年からフリーランスになった関係で、iDeCoに月68,000円積み立てることができるようになりました。いい機会なので、今回はiDeCo(個人型確定拠出年金)について紹介します。
資産形成のために

結婚式用の貯金はいつから始めるのがいいのか?

結婚をするとなると、沢山のお金が必要になります。結婚を意識した相手がいる方も、まだ相手はいないという方でも、いつか結婚するために貯金をしようと考えている方は多いかもしれません。
資産形成のために

社会人ならどの程度の貯金が必要? 世代別の平均貯金額について

今自身がどの程度貯金をしていけばよいのかと言う点や、今後はどの程度の額を貯金していくのがベストなのかという、目安にもなりますので、参考にしてみてください。
資産形成のために

資産を増やすには複利の恩恵を受けることが大切

資産の構築には長期的な視野が欠かせません。そして、長期的な視点で資産を形成するなら、複利の効果をしっかり認識しておく必要もあるのです。今回は、資産を増やすために必要となる複利の知識と効果についてお伝えします。
資産形成のために

なぜ学校で勉強をするのかを資産を増やすという観点から考えてみた

今回は子どもに聞かれることのある質問の1つ「なんで勉強しなければいけないの?」に資産を増やすという観点からアプローチしてみました。これほどローリスクハイリターンな投資はありません。好き嫌いにかかわらず勉強はやった方がいいです。
資産形成のために

老後の生活が不安にならない貯蓄金額はいくら?

働き始めてから定年を迎えて老後の生活をし始める頃となると、その間には長い年月があるものです。若い頃には、ずっと先の退職後のことを考えて行動ができる方はなかなかいないのではないでしょうか。
資産形成のために

iDeCoで運用する資産を「eMAXIS最適化バランス(マイミッドフィルダー)」に変更しました

今まで私が加入していたのは「セレブライフ・ストーリー2045」という2045年に資産がMAXになるよう投資するファンドでしたが、「eMAXIS最適化バランス(マイミッドフィルダー)」に変更しました。 今回はiDeCoで運用する商品を変更した理由や経緯についてお伝えします。
資産形成のために

【資産形成】20代から挑戦したい資産形成のための勉強会

資産を築き上げるために必要なことや資産そのものについて説明しています。 不労所得を得られるような資産の形成は20代から挑戦するのが断然有利です。株式投資・FX・システムトレード・投資信託・アフィリエイト・不動産投資についてまじめに取り組んでいきましょう。
資産形成のために

貯蓄預金と普通預金の違いを徹底考察|口座開設の資格や金利について

銀行に預金をされている方は多いのではないでしょうか。しかし、預金にも定期預金など色々と特徴があり、違いもあるものです。その預金の種類について特徴の違いなどを把握出来ていないことも考えられるでしょう。銀行の預金を利用するならば、しっかりと仕組みなどを把握しておくのが大切になります。
資産形成のために

NISAよりも節税効果の高い財形貯蓄もおすすめできる積立貯金です

財形貯蓄制度を導入している企業に勤めていることが前提ですが、住宅取得や年金を目的として貯蓄であれば、合計550万円まで税金が免除されます。NISAでの資産形成も節税になりますが、より高い節税効果を得るためには財形貯蓄は有効です。
資産形成のために

資産形成の方法と種類を紹介|資産の形成は早く始めたほうがお得!!

資産の形成に最も必要なものとなるのは時間です。多くの方が資産を作ろうと思い立った時に、資金がないことを理由に諦めてしまうことがあります。しかし、それは誤解です。資産を作り、労働以外の収入を得ようとするには複利という利率の効果を得ることが最も効果的です。
資産形成のために

子どもが生まれたら0歳から生命保険に入れた方がいい4つの理由

今回は子どもが生まれたら0歳から生命保険に入れた方がいい4つの理由を紹介します。誤解しないでほしいのが、この話は子どもが生まれたら、親が生命保険に入った方がいいというものではありません。子どもが生まれたら、子どもを0歳から生命保険に加入させた方がいいというお話です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました