iDeCoは税制上“ほぼ確実”に資産形成ができる制度|個人型確定拠出年金について

資産形成のために

スポンサーリンク
資産形成のために

貯蓄預金と普通預金の違いを徹底考察|口座開設の資格や金利について

銀行に預金をされている方は多いのではないでしょうか。しかし、預金にも定期預金など色々と特徴があり、違いもあるものです。その預金の種類について特徴の違いなどを把握出来ていないことも考えられるでしょう。銀行の預金を利用するならば、しっかりと仕組みなどを把握しておくのが大切になります。
資産形成のために

NISAよりも節税効果の高い財形貯蓄もおすすめできる積立貯金です

財形貯蓄制度を導入している企業に勤めていることが前提ですが、住宅取得や年金を目的として貯蓄であれば、合計550万円まで税金が免除されます。NISAでの資産形成も節税になりますが、より高い節税効果を得るためには財形貯蓄は有効です。
資産形成のために

資産形成の方法と種類を紹介|資産の形成は早く始めたほうがお得!!

資産の形成に最も必要なものとなるのは時間です。多くの方が資産を作ろうと思い立った時に、資金がないことを理由に諦めてしまうことがあります。しかし、それは誤解です。資産を作り、労働以外の収入を得ようとするには複利という利率の効果を得ることが最も効果的です。
資産形成のために

子どもが生まれたら0歳から生命保険に入れた方がいい4つの理由

今回は子どもが生まれたら0歳から生命保険に入れた方がいい4つの理由を紹介します。誤解しないでほしいのが、この話は子どもが生まれたら、親が生命保険に入った方がいいというものではありません。子どもが生まれたら、子どもを0歳から生命保険に加入させた方がいいというお話です。
資産形成のために

毎月一定額貯金をするなら銀行の定期積金がおすすめ

資産を増やすにはどうしても現金が必要になりますし、それがいつ必要になるのか今は分からないのが普通です。社会人の場合半年分の生活費を貯蓄しておくのが望ましいとされているので、大体100万円~200万円の貯金はあった方がいいことになります。
資産形成のために

仮想通貨を偽札や詐欺と同じで資産価値を持つことはないと断じる理由

様々な情報を整理して考えた結果、なぜ自分が仮想通貨に手を出さなかった理由が明確になりました。仮想通貨は偽札やネズミ講のような詐欺と同じで、新たな価値を経済市場に提供しないため、今後も資産価値を持つことはないと判断したからです。この考えは、資産形成を考える方にも役立つと思ったので共有しておきます。
資産形成のために

iDeCoは税制上“ほぼ確実”に資産形成ができる制度|個人型確定拠出年金について

当サイトでは資産形成のお手伝いに役立つ情報を提供していますが、税制上“ほぼ確実”に資産を増やすことができるiDeCo(個人型確定拠出年金)についての紹介をしていませんでした。自分事ですが、今年からフリーランスになった関係で、iDeCoに月68,000円積み立てることができるようになりました。いい機会なので、今回はiDeCo(個人型確定拠出年金)について紹介します。
資産形成のために

結婚式用の貯金はいつから始めるのがいいのか?

結婚をするとなると、沢山のお金が必要になります。結婚を意識した相手がいる方も、まだ相手はいないという方でも、いつか結婚するために貯金をしようと考えている方は多いかもしれません。
資産形成のために

社会人ならどの程度の貯金が必要? 世代別の平均貯金額について

今自身がどの程度貯金をしていけばよいのかと言う点や、今後はどの程度の額を貯金していくのがベストなのかという、目安にもなりますので、参考にしてみてください。
資産形成のために

資産を増やすには複利の恩恵を受けることが大切

資産の構築には長期的な視野が欠かせません。そして、長期的な視点で資産を形成するなら、複利の効果をしっかり認識しておく必要もあるのです。今回は、資産を増やすために必要となる複利の知識と効果についてお伝えします。
投資

忙しく働くだけでは資産を増やすことはできない!?

誤解されがちなことですが、投資に対して「楽して稼ぐけしからんもの」といったイメージを持っている方が多いのではないでしょうか? しかし、決して投資や資産運用は楽して稼げるものではありません。
資産形成のために

資金をバランスよく振り分けることが資産を増やす近道です

手取りの24%を貯蓄し残りの76%で生活で生活をするのが効率的に資産を増やす方法とされています。また、貯蓄に回す24%のうち8%を現金や貯金などで保有し、8%を株や不動産で保有し、8%を生命保険などの保険資産で保有するのがいい方法とされています。