社会人ならどの程度の貯金が必要? 世代別の平均貯金額について

おすすめサービス
おすすめ記事
貯金
みなさんこんばんは。

当サイトをご覧いただきありがとうございます。このサイトに訪れたきっかけは「もっと簡単にお金を稼げる方法はないかな」「仕事が辛い、もっと楽がしたい」「働きたくない、できれば一生ダラダラのんびりしていたい」などと思って来ていただけた方もいるかもしれません。

そういった方には非常に残念な事実ですが、既に資産を構築している以外の方が楽して稼ぐことはほぼ100%不可能です。でも、「会社の給料以外にも収入を得ることができないか」「結婚・出産で会社を辞めたけど子育ても落ち着いたしまた働こうかな」などとお考えの方には、時間さえかければ収入の額は保証できませんが誰でも給料以外の収入を上げることが可能という言葉をお送りしたいと思います。

資産形成にはとにかく時間が必要です。私は30代になることから資産の構築に挑戦していますが、資産形成は早く始めればそれだけ効果が出るものです。特に20代の頃に私が知っておきたかった資産形成に関することをメインの題材として、色々な方向からアプローチして資産形成をお考えのみなさんにとって役に立つ情報が提供できればと思っています。

それではよろしくお願いします。

記事一覧を見たい方はこちらのリンクからお願いします。

社会人になり給与をもらえるようになったなら、将来を考えて貯金をしていきたいという方も多いでしょう。しかし、働く世代には様々ありますし、20代の方や40代の方でも毎月の貯金額は異なるのではないでしょうか。

それに、同世代の方や上の世代の方はどの程度の貯蓄をしているのだろうかと気になるかもしれません。そこで今回は、社会人であればどの程度の貯金が必要となるのか、世代別に平均貯金額を見ていきましょう。この貯金額は、単身か家族がいるのかでも変わってくるものです。

今自身がどの程度貯金をしていけばよいのかと言う点や、今後はどの程度の額を貯金していくのがベストなのかという、目安にもなりますので、参考にしてみてください。

この記事をご覧の方は「資産形成を早めに始めた方がいい理由とおすすめの投資方法を紹介」もおすすめです。

資産の形成に最も必要なものとなるのは時間です。多くの方が資産を作ろうと思い立った時に、資金がないことを理由に諦めてしまうことがあります。しかし、それは誤解です。資産を作り、労働以外の収入を得ようとするには複利という利率の効果を得ることが最も効果的です。

スポンサードリンク

社会人ならどの程度の貯金が必要?
世代別の平均貯金額について

20代、30代、40代、50代、60代の貯金額は

貯金

ここで、各世代の貯金額について見ていきましょう。貯金額は、世代でも異なりますが、2人以上の世帯であるか単身世帯かによっても違いがあります。

2人以上の世帯なら、20代で385万円、30代なら612万円、40代は939万円、50代になると1650万円、60代が2202万円となります。単身世帯なら20代で287万円、30代は957万円、40代になると1594万円、50代は2431万円、60代になれば2642万円という貯蓄額が平均となっています。

ただ、平均ということもあり、高額に貯蓄をしている世帯により額が引き上げられているとも見られます。

では、実情ではどの程度の額が近いのか、中央値(数字を小さい順に並べる際に真ん中にくる数字)から探ってみましょう。

中央値では、2人以上の世帯で20代は215万円、30代は410万円、40代は602万円、50代が1074万円、60代になると1500万円です。単身世帯では20代が158万円、30代は500万円、40代は789万円、50代では1064万円、60代だと1323万円となっています。

単身世帯の方が貯金額が多いと見受けられるのは、扶養家族などがいないという点も要因として挙げられるのではないでしょうか。

貯蓄をしている世帯も多いですが、金融資産を保有しない世帯も少なくありません。2人以上の世帯では、30.9%、単身世帯だと48.1%が貯蓄をできていないという結果となっています。

金融資産を蓄える理由としては、調査において2人世帯では老後の生活資金とするためというのが最も多く70.5%となっています。

20代、30代、40代、50代、60代の資産額は

資産・純金

ここでは、世代別の資産額を見ていきます。家計資産の内訳は、耐久消費財等、住宅や宅地、金融資産となっています。

2014年においては、20代で754万円です。耐久消費財等が120万円、住宅や宅地が740万円、金融資産は107万円のマイナスです。

30代は資産額が1222万円であり、耐久消費財等が141万円、住宅や宅地は1537万円、金融資産についてはマイナス456万円です。

40代では1965万円で耐久消費財等は130万円、住宅および宅地が1871万円、金融資産はマイナス36万円となっています。

50代になると、総額が3460万円であり、耐久消費財等が143万円、住宅や宅地が2329万円、金融資産は989万円です。

60代だと、総額は4802万円となり耐久消費財等は137万円、住宅および宅地が2803万円、金融資産は1862万円です。

2014年には、若い世代の方の金融資産の減少、要するにローンの増加によって年齢格差が広がっています。60代以上になると仕事を退職している方も多いことから、年間の収入は40代や50代に比べて低いのですが、資産額は大きいです。

これは、退職金をもらっていることも理由の1つと考えられるでしょうか。よって、所得は低くても若年層の低所得者層と異なり、社会的な扶養が必要だというわけではないという点が特徴です。

ただ、退職したことで安定収入はなくなるので(年金はあるかもしれませんが)、この時期までには、安心できるくらいの資金は蓄えておくのがポイントです。

どの程度の貯金額があればいいとされているか?

金額・電卓

社会人の男性ならば、結婚前であるなら100万円から300万円の貯金が望ましいとされています。また、年間で100万円ほどを貯金している方も多いので、その程度を1年で貯金できるのが良いのではないでしょうか。

さらに、30代では平均で415万円となっていますので、30代ではこの程度の貯金額があると安心です。そして、60歳の時点では生活費や住宅ローンや家賃、諸経費などを計算すると2800万円ほどの額が必要であると考えられます。

ただ、退職金があまりあてにできそうにないというならば、退職前から貯金をし3800万円ほどを蓄えられると良いでしょう。

老後の資産形成のためには、投資信託が効果的だとされています。これは長期的な投資をしようと言う方に適しています。投資を始めるなら、余剰資金を用いるのがポイントです。余剰資金とは、生活に必要なお金以外のことです。

投資をするとすれば、6か月分の生活費を用意して開始するのが望ましいです。1人暮らしとご家族のいる世帯では条件も異なりますが、1人暮らしであれば100万円、ご家族がいらっしゃるなら200万円ほどを貯金として用意してスタートさせましょう。

1年で無理なく貯金できる額は、年間収入(給料だけでなく、児童手当や助成金など様々な公的支給金などすべてを含む)の1割から2割程度であると考えられます。

年間収入が300万円なら30万円から60万円、年間収入が700万円であれば、70万円から140万円ほどとなります。2年であれば、140万円から280万円の貯金ができるのが理想ではないでしょうか。

貯金するのも投資するのも
若いうちからやっておくのが断然お得

若い・女子高生・卒業

貯金や投資をするにしても、若いうちからやっておくとお得であるのをご存知でしょうか。例えば仮に3,600万円を定年までに貯蓄するとなると、今の段階で30歳であれば65歳までの間に35年間貯金する必要がでてくるため、年間では103万円、月々では8.5万円を積み立てていくこととなります。

このように、若い頃から積み立てをしていけばそれだけ有利になります。しかし、毎月8.5万円を貯金するのは大変なものです。そういったときには、複利を使い計算してみましょう。

若いうちから投資などをするとして、3,600万円を貯めるとしたら、どの程度の額を毎月貯金する必要があるのかというのを計算するためには、複利を用いる手段があります。

計算してみると、利回り5%で35年間と言う年月をかけるなら、31,688円を毎月貯金することとなります。8.5万円なら厳しくても、3万円台であれば何とか捻出できるのではないでしょうか。

さらに、もし年利10%で40年間運用したとしても、元金が240万円だとしたら10倍以上の2,656万円となります。年利5%であったとしても、40年あれば725万円となります。25歳から65歳までの間で、この金額を月々5,000円で作れるのです。

ちなみに、30年であれば399万円、40年では725万円となるので、10年間で金利が1.8倍にもなります。やはり、投資などをするなら若いうちから行動に移すのが良いでしょう。

投資を検討している方には通貨ペア充実の"DMM FX"!もおすすめです。

おすすめの投資方法は
セゾン・グローバルバランスファンド
を利用したほったらかし投資法

証券取引所 チャート・インデックスファンドイメージ

今まで様々な貯蓄、投資方法を試してきましたが、最も自分に合う投資方法はインデックスファンドを利用したほったらかし投資法でした。

資産の形成に最も必要なものとなるのは時間です。多くの方が資産を作ろうと思い立った時に、資金がないことを理由に諦めてしまうことがあります。しかし、それは誤解です。資産を作り、労働以外の収入を得ようとするには複利という利率の効果を得ることが最も効果的です。

セゾン・グローバルバランスファンドは、申し込みから実際の引き落としまでは2ヶ月ほど時間がかかりますが、一度申し込みをしてからは毎月4日に引き落とし、毎月23日頃にファンドの購入を継続的に行ってくれます。

引き落とし日に銀行残高が足りない場合は引き落としされませんが、2ヶ月連続で引き落としされないと自動引き落としが終了になってしまうので注意しておきましょう。

私が投資信託に選んだインデックスファンドはセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドです。

資産を作るための考え方が詰まった本

この不景気は、あなたを変える絶好のチャンスだ!

週4時間働くだけで、お金持ちになれるとしたら?
夢のような話だけれど、実現不可能な話じゃない。4時間は無理でも、本書にある教えを実践すれば、あなたの労働時間はグンと減り、自分のための時間が増えるはずだ。 本当にやりたいことを今やらず、先送りにする「先送り人生プラン」は捨ててしまおう。 「時間」と「移動」を使い「今」をふんだんに生きよう。

ティム・フェリスの主張はこれだ。本書には、彼の主張を実践するための考えかたと方法、役に立つサイトから読書案内までぎっしりと詰まっている。 それらを実践し、人生を楽しむひとを、本書は「ニューリッチ」と名付ける。

ティムの理論を実践し、9時―5時労働からおさらばして、世界中の好きな場所に住み、ニューリッチになろう。 この本はニューリッチをめざす人のための、青写真になるはずだ。

それでは今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。