資産を増やすには複利の恩恵を受けることが大切

おすすめサービス
おすすめ記事
お金がお金を生む
みなさんこんばんは。

当サイトをご覧いただきありがとうございます。このサイトに訪れたきっかけは「もっと簡単にお金を稼げる方法はないかな」「仕事が辛い、もっと楽がしたい」「働きたくない、できれば一生ダラダラのんびりしていたい」などと思って来ていただけた方もいるかもしれません。

そういった方には非常に残念な事実ですが、既に資産を構築している以外の方が楽して稼ぐことはほぼ100%不可能です。でも、「会社の給料以外にも収入を得ることができないか」「結婚・出産で会社を辞めたけど子育ても落ち着いたしまた働こうかな」などとお考えの方には、時間さえかければ収入の額は保証できませんが誰でも給料以外の収入を上げることが可能という言葉をお送りしたいと思います。

資産形成にはとにかく時間が必要です。私は30代になることから資産の構築に挑戦していますが、資産形成は早く始めればそれだけ効果が出るものです。特に20代の頃に私が知っておきたかった資産形成に関することをメインの題材として、色々な方向からアプローチして資産形成をお考えのみなさんにとって役に立つ情報が提供できればと思っています。

それではよろしくお願いします。

記事一覧を見たい方はこちらのリンクからお願いします。

スポンサードリンク

資産を増やすには複利の恩恵を受けることが大切

複利とは

時間を味方にする|資産形成|時間がかかる

銀行への貯金などをしている場合でも、わずかですが金利が付きます。貯金の場合、年間の金利は高くても0.1%程度になるはずです。

仮に100万円を年間の金利0.1%で銀行口座に預けていたとすると、1年後には100万円に金利の1,000円がプラスされます。この場合は金利は複利ではなく単利となるのですが、2年間銀行口座に預けていた場合はどうでしょう。

2年後には、銀行口座に預けていたお金は1年後に講座にあった100万1,000円に対して年間の金利である0.1%が付きます。2年後には100万2,001円となっています。この考え方が複利です。

複利がある場合とない場合の資産形成効果の違い

資産|資産形成

年間の金利が0.1%である場合、複利計算をしても資産はほとんど増えていきません。今の貯金事情は年間金利が高い定期預金などにしても大同小異となっていて、現金資産を保有することはできても増やすことはできないようになっています。

さて、30代になってから投資信託を始めた私ですが、投資信託を始める前に、この複利の効果がどのようなものなのか、簡単にエクセルで計算をしてみました。

現在投資しているセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの場合、年間の金利はおおよそ4%~5%となっています。セゾンが目指す年間利回りは7%となっていますが、目論見通りに相場が上がらなかった場合も考えると、期待できる年利はこのぐらいに押さえておいた方がよさそうだと個人的に判断しています。

ここで、30歳から毎月5万円を60歳になるまで投資信託で積み立てた場合と、貯金を続けた場合でどのぐらい差が出るのか比較してみます。

投資のシミュレーション
年間利回りが4%の場合

投資信託で年間利回りが4%の場合
年数 年初め合計 金利合計 年末合計 元金合計 元金差額 年齢
1 年目 0 11,000 611,000 600,000 11,000 31歳
2 年目 611,000 35,440 1,246,440 1,200,000 46,440 32歳
3 年目 1,246,440 60,858 1,907,298 1,800,000 107,298 33歳
4 年目 1,907,298 87,292 2,594,590 2,400,000 194,590 34歳
5 年目 2,594,590 114,784 3,309,373 3,000,000 309,373 35歳
6 年目 3,309,373 143,375 4,052,748 3,600,000 452,748 36歳
7 年目 4,052,748 173,110 4,825,858 4,200,000 625,858 37歳
8 年目 4,825,858 204,034 5,629,892 4,800,000 829,892 38歳
9 年目 5,629,892 236,196 6,466,088 5,400,000 1,066,088 39歳
10 年目 6,466,088 269,644 7,335,731 6,000,000 1,335,731 40歳
11 年目 7,335,731 304,429 8,240,161 6,600,000 1,640,161 41歳
12 年目 8,240,161 340,606 9,180,767 7,200,000 1,980,767 42歳
13 年目 9,180,767 378,231 10,158,998 7,800,000 2,358,998 43歳
14 年目 10,158,998 417,360 11,176,358 8,400,000 2,776,358 44歳
15 年目 11,176,358 458,054 12,234,412 9,000,000 3,234,412 45歳
16 年目 12,234,412 500,376 13,334,789 9,600,000 3,734,789 46歳
17 年目 13,334,789 544,392 14,479,180 10,200,000 4,279,180 47歳
18 年目 14,479,180 590,167 15,669,347 10,800,000 4,869,347 48歳
19 年目 15,669,347 637,774 16,907,121 11,400,000 5,507,121 49歳
20 年目 16,907,121 687,285 18,194,406 12,000,000 6,194,406 50歳
21 年目 18,194,406 738,776 19,533,182 12,600,000 6,933,182 51歳
22 年目 19,533,182 792,327 20,925,510 13,200,000 7,725,510 52歳
23 年目 20,925,510 848,020 22,373,530 13,800,000 8,573,530 53歳
24 年目 22,373,530 905,941 23,879,471 14,400,000 9,479,471 54歳
25 年目 23,879,471 966,179 25,445,650 15,000,000 10,445,650 55歳
26 年目 25,445,650 1,028,826 27,074,476 15,600,000 11,474,476 56歳
27 年目 27,074,476 1,093,979 28,768,455 16,200,000 12,568,455 57歳
28 年目 28,768,455 1,161,738 30,530,193 16,800,000 13,730,193 58歳
29 年目 30,530,193 1,232,208 32,362,401 17,400,000 14,962,401 59歳
30 年目 32,362,401 1,305,496 34,267,897 18,000,000 16,267,897 60歳

この表は私が自分で作ったエクセル表をそのまま添付したものになります。貯金の場合はほとんど元金と貯蓄額の差が出ませんから、貯金を続けた場合の結果は元金合計の部分を見ておけばいいでしょう。

複利の効果が出るのは年数を重ねた時です。1年目や2年目では元金合計と投資金額にあまり差がでませんが、3年目では10万円、9年もすれば100万円もの差が出てきます。そして、このほったらかし投資法を30年間続けた場合は、元金合計の1.9倍にまで金額が膨らんできます。

この複利計算はマイナスの金利でも適用されるので、借金が雪だるま式に膨らんでいくのはこの原理が適用されることになります。

あくまでも資産が目減りしないという条件付きではありますが、年利7%を目指すファンドで、実際に4%程度の運用実績だったとしても、これほどの結果になるのは中々興味深いのではないでしょうか。

私はこのシミュレーションをしてすぐに貯金ではなく投資をすべきだという考えになりました。

ちなみに、金利の算出は、初月が12ヶ月分、2ヶ月目からは11ヶ月分、10ヶ月分…として計算しているので、大きくずれることはないと思います。

複利の恩恵を受けるには貯金ではなく投資の考え方が必要

投資

複利が最大限効果を発揮するのは時間をかけた時です。年利4%でも30年ほど時間をかければ約2倍にまで資産は増えていくことになります。

もちろん資産が目減りしてしまう可能性もあるのですが、国内株式と債券に25%ずつ、海外株式と債券に25%ずつの分散投資も行ってリスクを可能な限り下げているファンドであるのも注目です。

株式投資やFX投資、投資信託などの「投資」という単語を聞いた時、多くの人は一獲千金を狙うといったイメージを持つと思いますが、このように地道に資産を増やすために投資を利用することもできるのです。

当サイトは20代から挑戦したい資産形成のための勉強会です。今20代や30代の若い方々が抱いている将来への漠然とした不安は、金銭的なことが原因となっている場合が多いと思います。

30歳から毎月5万円の投資をしたと考えても、年利4%で約3,400万もの資産を作ることができます。これは決して不可能な数字ではないはずです。

60歳で引退しようとしても、先立つものがなければ働き続けることになります。仮に一生働き続けるとしても、資産を持っているか持っていないかで、心の余裕は全く違うものになると思います。

私が投資信託に選んだインデックスファンドはセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドです。

それでは今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。