iDeCoは税制上“ほぼ確実”に資産形成ができる制度|個人型確定拠出年金について

資金をバランスよく振り分けることが資産を増やす近道です

ガッツポーズ・書類選考・通る・就活女子 資産形成のために
スポンサーリンク
みなさんこんばんは。

当サイトをご覧いただきありがとうございます。このサイトに訪れたきっかけは「もっと簡単にお金を稼げる方法はないかな」「仕事が辛い、もっと楽がしたい」「働きたくない、できれば一生ダラダラのんびりしていたい」などと思って来ていただけた方もいるかもしれません。

そういった方には非常に残念な事実ですが、既に資産を構築している以外の方が楽して稼ぐことはほぼ100%不可能です。

資産形成にはとにかく時間が必要です。私は30代になってから資産の構築に挑戦していますが、資産形成は早く始めればそれだけ効果が出るものです。

特に『20代の頃に私が知っておきたかった資産形成に関すること』をメインの題材としています。色々な方向から資産形成についてアプローチし、みなさんにお役に立つ情報を提供できれば幸いです。

管理人の経歴などが気になる方はサイトコンセプトと管理人の自己紹介をご覧ください。記事一覧はこちらからご覧いただけます。

欧米での考え方ですが、手取りの24%を貯蓄し残りの76%で生活で生活をするのが効率的に資産を増やす方法とされています。

また、貯蓄に回す24%のうち8%を現金や貯金などで保有し、8%を株や不動産で保有し、8%を生命保険などの保険資産で保有するのが最も効率よく資産を増やす方法と言われているようです。

システムトレードに挑戦しようと思ってこのサイトを見ている方にも参考になる情報だと思うので、ここで公開しておきます。

この記事をご覧の方には「シストレ24でFX初心者でも週に数万円の勝ちを積み上げる方法」も参考になります。

シストレ24でFX初心者でも週に数万円の勝ちを積み上げる方法
今回はFXの取引ツールの1つであるシステムトレードについて説明します。FXのシステムトレードでは、インヴァスト証券のシストレ24が有名です。この記事ではシストレ24の運用経験を基に情報提供します。今回はシストレ24でFX初心者でも週に数万円の勝ちを積み上げる方法を紹介します。
個人型確定拠出年金ならマネックス証券のiDeCo手数料0円のSBI証券のiDeCoがおすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

現金や貯金で資産を増やす

預金通帳と電卓

現金や貯金で資産を増やすなら、銀行の定期積金が一番簡単に資産を増やす方法になると思います。毎月一定額を貯金するのは最初はインパクトもなく大変ですが、続ければ続けるほど資産が増えていくので早く始めるに越したことはありません。

毎月一定額貯金をするなら銀行の定期積金がおすすめ
資産を増やすにはどうしても現金が必要になりますし、それがいつ必要になるのか今は分からないのが普通です。社会人の場合半年分の生活費を貯蓄しておくのが望ましいとされているので、大体100万円~200万円の貯金はあった方がいいことになります。

株や不動産などの投資で資産を増やす

価格相場・右肩上がり・チャート

株や不動産などへの投資で資産を保有する(増やす)のは金持ち父さん貧乏父さんでも取り上げられているのですが、日本ではまだまだ貯金信仰が強く、不動産や株に投資している方は少ないのではないかと思います。

私は不動産はからっきしですが、株式投資は何度かやっています。結果としてシステムトレードに挑戦していますが、システムトレードも立派な投資による資産を増やす方法です。興味のある方は関連ページをご覧ください。

生命保険などの保険資産を増やす

保険イメージ

終身保険や養老保険に代表される貯蓄型の保険で資産を保有しておくのも万が一の時に安心できます。大抵の方は結婚した時に保険について考えますが、保険は早く始めた人が最も得をする仕組みになっています。社会人になった時に一度保険について考えておくのがおすすめです。

保険についてもっと知りたい方は2017年4月から貯蓄型保険のメリットが激減!?現状の貯蓄型保険についてもおすすめです。

2017年4月から貯蓄型保険のメリットが激減!?現状の貯蓄型保険について
生命保険会社が扱う商品の中には、貯蓄型保険もあります。これは、毎月保険料を支払っていけば、将来的には総支払額を上回る返金が受けられるということです。利率の点では他の金融商品と比べてもかなり高いですし、毎月自動的に引き落とされるので確実に資産形成ができるのも便利なポイントでしょう。

iDeCoの申し込みはマネックス証券がおすすめ

マネックス証券 iDeCo
マネックス証券 iDeCo

iDeCoで節税しながら資産づくりをはじめよう!
加入する前に知っておきたいことや
iDeCoをマネックス証券で加入するメリット
どれぐらいお得?どれぐらい貯まる?
タイプ別iDeCo加入例など
投資初心者の運用商品選びをしっかりサポート

オススメ

iDeCoは月額5,000円から入会できて、資金は60歳になるまで一切手を付けることができない個人型確定拠出年金です。

拠出金額が全額所得控除され、利息などに課税されることも一切ありません。受け取り時にも税制優遇があるので、将来の資産形成に最も効果的な投資方法と言えます。

この記事をご覧の方には「iDeCoは税制上“ほぼ確実”に資産形成ができる制度|個人型確定拠出年金について」も参考になります。

iDeCoは税制上“ほぼ確実”に資産形成ができる制度|個人型確定拠出年金について
当サイトでは資産形成のお手伝いに役立つ情報を提供していますが、税制上“ほぼ確実”に資産を増やすことができるiDeCo(個人型確定拠出年金)についての紹介をしていませんでした。自分事ですが、今年からフリーランスになった関係で、iDeCoに月68,000円積み立てることができるようになりました。いい機会なので、今回はiDeCo(個人型確定拠出年金)について紹介します。
個人型確定拠出年金ならマネックス証券のiDeCo手数料0円のSBI証券のiDeCoがおすすめです。

iDeCoについての基礎知識をつけたい方はこちらの書籍がおすすめです。