貯蓄預金と普通預金の違いとは

おすすめサービス
おすすめ記事
考える・なぜ
みなさんこんばんは。

当サイトをご覧いただきありがとうございます。このサイトに訪れたきっかけは「もっと簡単にお金を稼げる方法はないかな」「仕事が辛い、もっと楽がしたい」「働きたくない、できれば一生ダラダラのんびりしていたい」などと思って来ていただけた方もいるかもしれません。

そういった方には非常に残念な事実ですが、既に資産を構築している以外の方が楽して稼ぐことはほぼ100%不可能です。でも、「会社の給料以外にも収入を得ることができないか」「結婚・出産で会社を辞めたけど子育ても落ち着いたしまた働こうかな」などとお考えの方には、時間さえかければ収入の額は保証できませんが誰でも給料以外の収入を上げることが可能という言葉をお送りしたいと思います。

資産形成にはとにかく時間が必要です。私は30代になることから資産の構築に挑戦していますが、資産形成は早く始めればそれだけ効果が出るものです。特に20代の頃に私が知っておきたかった資産形成に関することをメインの題材として、色々な方向からアプローチして資産形成をお考えのみなさんにとって役に立つ情報が提供できればと思っています。

それではよろしくお願いします。

記事一覧を見たい方はこちらのリンクからお願いします。

銀行に預金をされている方は多いのではないでしょうか。しかし、預金にも定期預金など色々と特徴があり、違いもあるものです。その預金の種類について特徴の違いなどを把握出来ていないことも考えられるでしょう。銀行の預金を利用するならば、しっかりと仕組みなどを把握しておくのが大切になります。

仕組みや特徴を知らずに利用したりすると、『こんなはずではなかった』と思ってしまう可能性もないとは言い切れないのです。もしかしたら普通預金ではなく貯蓄預金の方が適している場合もあるかもしれませんし、その反対もあるかもしれません。そこで今回は、そんな後悔のないように銀行の貯蓄預金と普通預金の違いについて迫っていきます。

この記事をご覧の方は「資産形成を早めに始めた方がいい理由とおすすめの投資方法を紹介」もおすすめです。

資産の形成に最も必要なものとなるのは時間です。多くの方が資産を作ろうと思い立った時に、資金がないことを理由に諦めてしまうことがあります。しかし、それは誤解です。資産を作り、労働以外の収入を得ようとするには複利という利率の効果を得ることが最も効果的です。
投資を検討している方には通貨ペア充実の"DMM FX"!もおすすめです。

スポンサードリンク

貯蓄預金と普通預金の違いとは

貯蓄預金と普通預金の違い

考える・なぜ

普通預金は、預入れや払戻しが自由であり流動性が高くなっている、典型的な要求払預金です。各銀行によっても異なると考えられますが、普通預金であればどれだけ高額を預金したとしても、金利が同じであり給与や年金の受け取り、自動引き落としに使用できますし、個人や法人、団体などでも作れるのが特徴です。銀行の中には、普通預金を総合口座と呼ぶケースもあります。

一方の貯蓄預金では金利の額が変動して一定額の預金がなければ普通預金に比べて金利が悪くなるでしょう。普通預金や定期預金と同様にもし何かがあったとしても1,000万円までは元本保障がされています。貯蓄預金であれば、貯蓄を目的としてお金の出し入れをするのがカギなのです。

それに、時々振り込まれる先として指定はできるのですが、毎月もしくは一定期間ごとに入金される振込先として指定することや自動引き落としはできません。

普通預金と定期預金の特性を併せ持っていて、普通預金のような流動性を保ちつつ金利は高く設定されていますが、今は金利が普通預金と同等になっています。

金利は段階性になっている点もポイントとなっています。100万円以上預けると、金利が○%付くといった具合に、預ける金額次第で金利が変化していき、預ける額が多ければそれだけ金利も上がっていくのです。

貯蓄預金の段階性金利は全て普通預金と同じです。それに、口座の開設は個人しかできない点もポイントです。

普通預金と貯蓄預金の違いは、貯蓄預金の場合金利が変動制になっている点があります。また、口座を開設できるのが個人に限られている点も異なる点となります。

貯蓄預金を所有するメリット

ポイント・メリット

貯蓄預金のメリットと言えば、貯蓄用の口座として使うことにより感じられるでしょう。もし口座が1つだけあり、給与の振り込みや何かの引き落としも全てその口座1つで賄っているとします。お金が頻繁に出入りしていれば、なかなかお金を貯めるのは難しいものです。

そうして、他の銀行に貯蓄用だけの口座を開設するケースもあるかもしれません。ただ、貯蓄預金は普通預金と扱いは異なるものの口座番号は同じです。

要するに、新たに口座を開かなくても貯金用の口座が持てるということです。貯蓄用の口座では、スイングサービスという便利なサービスも付いています。毎月決まった日になると、自動的に設定された金額を普通預金から貯蓄預金へと、またはその反対に移動してくれるのです。

また、預入期間がないので流動性が高く、いつでも自由に払い戻しが可能だという点もメリットです。定期預金だと預入期間が設定されているので、満期を迎える前に定期預金の解約をすると、定期預金の金利が適用にならない点や手数料が発生するなどのペナルティが課される可能性もあります。

しかし貯蓄預金では満期の設定がないため、いつでも払い戻しができます。よって、突然にお金が必要になった場合にも直ぐに対応できます。

さらに、預入金額によって金利が上がるという点もメリットです。現在取り扱いのある貯蓄預金は、預入残高が高ければそれだけ金利も高くなる『金額階層別金利』が適用となっている商品が多いです。

貯蓄預金の金利はどのくらい預け入れれば高くなるのか

複利イメージ・お金を育てる

貯蓄預金において金利が設定されている最低預入金額については、大体の金融機関で10万円以上とされています。つまり、10万円を下回ってしまうと普通預金の金利が適用となるのです。

『金額階層別金利型』の金利は1,000円以上で1円ごとにつきますが、『金額別金利型』の場合は残高に関わらず一定になります。貯蓄預金の金利タイプでは、『金額別金利型』が古くからあり、貯蓄預金が取り扱われ始めた当初は『金額別金利型』のみでした。現在は『金額階層別金利型』の方が主流となっています。

都市銀行のみずほ銀行の場合ですと、10万円以上であれば7段階で金利も上がっていきます。10万円から30万円、30万円から50万円、50万円から100万円、100万円から300万円、300万円から1000万円、1000万円以上という区切りとなっています。基本の金利は0.001%です。

三菱東京UFJ銀行ならば、10万円未満で年0.001%、10万円以上が年0.001%、30万円以上50万円以上も各0.001%です。100万円以上は年0.001%、300万円以上も0.001%、1000万円以上が0.001%という金利です。

地方銀行だと、例えば広島銀行であれば10万円以上が0.001%、30万以上は0.001%、100万円以上も0.001%、300万円以上が0.001%、1000万円以上も0.001%です。

千葉銀行なら、スーパー貯蓄預金<貯名人>があり、金利は基準残高(40万円)未満で0.001%、40万円以上が0.001%、100万円以上で0.001%、300万円以上になると0.001%です。40万円以上の場合は、段階ごとに金利がステップアップとなります。

金利が低い現状では貯蓄預金のメリットはあまりない

苦手・残念・がっかり

今は低金利の時代となっていますが、これでは残高次第でステップアップしていくという貯蓄預金のメリットが生かされません。銀行の商品説明書によれば、適用利率は随時変動して、金融情勢次第ではそれぞれの段階の金利が同じになるケースもあるとされています。

実際に貯蓄預金を扱っている銀行の今の金利を見てみると、地方銀行などの一部を除き大体の銀行において、もし預金残高が各段階の基準額であったとしても金利は違いが出ないのです。要するに、普通預金の金利と同様だということです。

また、今の段階では、貯蓄預金の金利はさほど魅力があるとは言い難い面があり、貯めるだけを目的にするなら、定期預金もしくはネット銀行を利用するのも手段です。とは言え、突然に現金が必要となった場合には、定期預金を解約するとなると簡単ではありません。

定期預金と普通預金の中間の商品という枠組みで、貯蓄預金であれば貯めつつもいつであっても必要となった場合に引き出せますし、何に使おうか決まっていないお金を管理する口座としても、大いに使っていけるでしょう。

預金残高には大体10万円ほどの最低基準が設けられています。もしそれよりも額を少なく預けていると、普通預金と同等の金利となってしまうのです。

『スイングサービス』の利用により、普通預金から資金を移動して貯蓄預金の口座額を基準以上にもできますが、利用ごとに手数料が必要となるので金利分の儲けがさらに少なくなってしまいます。このように、現状では貯蓄預金を使うメリットは多くありません。

投資を検討している方には通貨ペア充実の"DMM FX"!もおすすめです。

おすすめの投資方法は
セゾン・グローバルバランスファンド
を利用したほったらかし投資法

今まで様々な貯蓄、投資方法を試してきましたが、最も自分に合う投資方法はインデックスファンドを利用したほったらかし投資法でした。

資産の形成に最も必要なものとなるのは時間です。多くの方が資産を作ろうと思い立った時に、資金がないことを理由に諦めてしまうことがあります。しかし、それは誤解です。資産を作り、労働以外の収入を得ようとするには複利という利率の効果を得ることが最も効果的です。

セゾン・グローバルバランスファンドは、申し込みから実際の引き落としまでは2ヶ月ほど時間がかかりますが、一度申し込みをしてからは毎月4日に引き落とし、毎月23日頃にファンドの購入を継続的に行ってくれます。

引き落とし日に銀行残高が足りない場合は引き落としされませんが、2ヶ月連続で引き落としされないと自動引き落としが終了になってしまうので注意しておきましょう。

私が投資信託に選んだインデックスファンドはセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドです。

資産を作るための考え方が詰まった本

この不景気は、あなたを変える絶好のチャンスだ!

週4時間働くだけで、お金持ちになれるとしたら?
夢のような話だけれど、実現不可能な話じゃない。4時間は無理でも、本書にある教えを実践すれば、あなたの労働時間はグンと減り、自分のための時間が増えるはずだ。 本当にやりたいことを今やらず、先送りにする「先送り人生プラン」は捨ててしまおう。 「時間」と「移動」を使い「今」をふんだんに生きよう。

ティム・フェリスの主張はこれだ。本書には、彼の主張を実践するための考えかたと方法、役に立つサイトから読書案内までぎっしりと詰まっている。 それらを実践し、人生を楽しむひとを、本書は「ニューリッチ」と名付ける。

ティムの理論を実践し、9時―5時労働からおさらばして、世界中の好きな場所に住み、ニューリッチになろう。 この本はニューリッチをめざす人のための、青写真になるはずだ。

それでは今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。