iDeCoは税制上“ほぼ確実”に資産形成ができる制度|個人型確定拠出年金について

投資信託の基本事項とおすすめの投資信託

確認・チェック・案内 投資信託
スポンサーリンク

みなさんこんばんは。

個人で株式投資や債券購入などによる運用を行うことももちろん可能ですが、まとまった資金がなかったり、そのための時間や知識が足りないという場合は、投資信託を購入するのも一つの方法です。

小額から購入可能で、プロのファンドマネージャーによって運用される投資信託は、比較的少ないリスクで手軽にできる資産運用として人気です。

また、投資信託は種類が豊富で、証券会社によっては数千本もの資産運用を取り扱っているため、自分の投資スタイルに合った投資信託を見つけることができます。選ぶポイントとしては利回りや分配金などがあるので、その仕組みは理解してから選んだほうがよいでしょう。

必ずしも分配金があるわけではありませんし、元本割れのリスクもないわけではありませんが、比較的安定した資産運用の方法だと言えます。

この記事をご覧の方には初心者の投資信託には断然インデックスファンドがおすすめもおすすめです。

初心者の投資信託には断然インデックスファンドがおすすめ
投資の初心者なら、リスクの少ないインデックスファンドがおすすめです。確かに、アクティブファンドの方が高い年利を提示していることが多いでしょう。しかし、インデックスファンドより高い収益を上げているアクティブファンドは3割~4割程度というのが実態なのです。
個人型確定拠出年金ならマネックス証券のiDeCo手数料0円のSBI証券のiDeCoがおすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

投資信託とは

確認・チェック・案内

投資信託は、信託会社が扱っている金融商品です。株式や為替などはうまく運用すれば利益が得られますが、素人が行うには知識や経験、手間がかかってしまいます。

投資信託では、証券会社や信託会社がそうした投資家から集めた資金を使い、それぞれの投資信託のコンセプトに合わせた株式や債券などを売買して利益を出し、それを投資家に還元するのです。

プロが運用するのですから、確かに利益が出る確率は個人で運用するよりも高くはなりますが、それでも必ずしも利益が出るとは限りませんし、場合によっては投資した資金が減ってしまうこともあり得ます。

また、投資信託とは預金と違って元本が保証されているわけではありませんので、資金が減っても証券会社や債券会社が.補償してはくれません。投資家は利益を得るためにどの投資信託に投資するのかを良く見極めることが必要になります。

投資信託といっても種類は豊富で、いつでも購入できるものもあれば、募集期間が決まっていてその期間内のみ購入できるものもあります。

また、投資の対象が債券のみのものもあれば、株式への投資を行うものなど、投資先によっても信託商品は変わってきます。

リスクを分散するために幅広い投資先を組み合わせて投資するものや、国内の株式のみを対象としたもの、または特定の業界の株式などに絞った投資を行うファンドなど、細かく限定したものもあります。

投資信託は比較的少額から購入することができるので、なかなか自分では買えない業界の株式を対象にした投資信託を購入することで、個人では最低単元に届かない株式に投資できるのもメリットです。

投資信託における利回りについて

学習・スケジュール・確認

投資信託の購入を検討する場合、その投資信託の利回りをチェックすることは大切です。利回りとは、投資した金額に対して、どのくらいの収益が得られるかを割合で出したものです。

もちろん利回りが良いほうが投資家としては利益が得られるわけですが、必ずしもランキング上位の投資信託の商品が良いとは限りません。計算方法などによって実質の利益とは多少違う場合があるので、本当に購入を考えているのであれば、自分で利回りの計算を行うことも大切です。

利回りは、その投資信託の利益によって得られる分配金を基準価格で割ったものですが、基準価格が変動することによって利率が変わってしまうこともあります。分配金といっても、運用成績が赤字の場合に分配を行うために特別分配を行うこともあり、その場合は利回りが高く見えても赤字の投資信託ということになります。

分配の内容や基準価格の変動なども加味して、得られる利回りが高い投資信託のほうが当然購入したときに得になるのですが、投資信託を選ぶときは利回りだけでなく手数料などもチェックすることが必要です。

いくら利回りが多くても、手数料が高いために結局他の投資信託よりも手元に残る利益が減ってしまいこともあります。

また、投資信託の場合、対象となる債権や株は市場で価格が変動するため、分配金だけでなく変動による差益を考慮して計算したものが最終利回りということになります。

こういった最終利回りは、月次レポートや運用レポートなどとして運用会社のホームページなどからチェックすることができます。

投資信託における積立について

確認・チェック

積立投資とは、一定の金額で毎月同じ投資信託を購入し続けることを言います。この積立投資のメリットは、なんといっても小額から投資ができるということ。

株式などは、数万円から数十万円ないと最低単位数の株が購入できない、ということも多いのですが、投資信託は投資家から集めた資金をプロがそういった株式や債券に投資して利益を得るものですから、投資家一人一人の出す金額は少なくても問題ないわけです。

毎月少額の積立投資も毎月していくことで徐々に元金が大きくなりますし、リターンも狙った貯金感覚で出来るのもよいでしょう。

また、投資時期をずらしながら購入することによって、価格変動のリスクも減らすことができます。しかも、多くの積立投資は自動引き落としで毎月購入できるため、手間もかからず、買い忘れの心配もありません。

以前は一口10,000円程度からだった積立投資ですが、最近ではどんどん小口化が進み、1,000円程度は当たり前で、500円からできる積立投資もあります。

一口が小さいぶん、投資金額もリターンも少なくなりますが、それでもコツコツ貯めたいという人には便利ですし、いろいろな積立投資に分散して利用することも可能です。

SBI証券やカブドットコム証券では、たくさんの投資信託を扱っているため、ネットで簡単に500円の積立投資を始めることができて便利です。証券会社によっては何千本もの投資信託を扱っているため、たくさんの投資信託の中から自分に合ったものを探すことができます。

投資信託における分配金について

預金通帳と電卓

投資信託の運用によって得られた利益を投資した口数に応じて支払われるのが分配金です。分配金には2種類があり、利益が出た場合にそれを投資家に還元するのが普通分配金です。運用結果によって金額は異なりますが、元本はそのままで定期的に分配金のみが支払われます。

一方、運用によって利益が出なかった場合は特別分配金の支払いが行われることがあります。これは、利益ではなく元本の一部を投資家に支払うもので、支払いはされますが元本はその分少なくなります。

金額だけでは普通分配金か特別分配金かわかりませんが、報告書にはもちろん明記されていますから、その点はしっかり確認しておきましょう。特別分配金は、元本払戻金と呼ばれることもあります。

投資信託の分配金を受け取る場合、定期的に口座に入金を受けるという形で受け取ることもできますが、受け取らずにそのまま投資に回すこともできます。

その都度受け取る楽しみはなくなりますが、元本が少しずつ増えていくため収益性は高まり、長期的に保有すればするほど資産は増えていきます。

ただし、すべての投資信託で分配金があるわけではなく、その投資信託の分配方針によって違うので注意が必要です。長期の投資を前提とした投資信託などの場合は、こまめに分配金を支払うよりも、分配せずに原資としてより大きな利益を目指すものも少なくありません。

毎回の分配金が多い投資信託が必ずしも良いとは限らないのです。

iDeCoの申し込みはマネックス証券がおすすめ

マネックス証券 iDeCo
マネックス証券 iDeCo

iDeCoで節税しながら資産づくりをはじめよう!
加入する前に知っておきたいことや
iDeCoをマネックス証券で加入するメリット
どれぐらいお得?どれぐらい貯まる?
タイプ別iDeCo加入例など
投資初心者の運用商品選びをしっかりサポート

オススメ

iDeCoは月額5,000円から入会できて、資金は60歳になるまで一切手を付けることができない個人型確定拠出年金です。

拠出金額が全額所得控除され、利息などに課税されることも一切ありません。受け取り時にも税制優遇があるので、将来の資産形成に最も効果的な投資方法と言えます。

この記事をご覧の方には「iDeCoは税制上“ほぼ確実”に資産形成ができる制度|個人型確定拠出年金について」も参考になります。

iDeCoは税制上“ほぼ確実”に資産形成ができる制度|個人型確定拠出年金について
当サイトでは資産形成のお手伝いに役立つ情報を提供していますが、税制上“ほぼ確実”に資産を増やすことができるiDeCo(個人型確定拠出年金)についての紹介をしていませんでした。自分事ですが、今年からフリーランスになった関係で、iDeCoに月68,000円積み立てることができるようになりました。いい機会なので、今回はiDeCo(個人型確定拠出年金)について紹介します。
個人型確定拠出年金ならマネックス証券のiDeCo手数料0円のSBI証券のiDeCoがおすすめです。

iDeCoについての基礎知識をつけたい方はこちらの書籍がおすすめです。