iDeCoは税制上“ほぼ確実”に資産形成ができる制度|個人型確定拠出年金について

FXで勝てない人が持っていない4つの視点

女子高生・トレードオフ・悩み FX
スポンサーリンク
みなさんこんばんは。

当サイトをご覧いただきありがとうございます。このサイトに訪れたきっかけは「もっと簡単にお金を稼げる方法はないかな」「仕事が辛い、もっと楽がしたい」「働きたくない、できれば一生ダラダラのんびりしていたい」などと思って来ていただけた方もいるかもしれません。

そういった方には非常に残念な事実ですが、既に資産を構築している以外の方が楽して稼ぐことはほぼ100%不可能です。

資産形成にはとにかく時間が必要です。私は30代になってから資産の構築に挑戦していますが、資産形成は早く始めればそれだけ効果が出るものです。

特に『20代の頃に私が知っておきたかった資産形成に関すること』をメインの題材としています。色々な方向から資産形成についてアプローチし、みなさんにお役に立つ情報を提供できれば幸いです。

管理人の経歴などが気になる方はサイトコンセプトと管理人の自己紹介をご覧ください。記事一覧はこちらからご覧いただけます。

FXへの投資で勝てないと思っている人は、相場を理解していないのかもしれません。皆初心者から始める訳ですが、最初は感情に振り回されることも多いでしょう。「損をしたくない」の一心では、投資に勝つことは難しいのかもしれません。

FX投資への新しい視点について考えてみると、知識を深めるのは勿論の事、その上経験値と強い精神が必要になってくる事が挙げられます。知識を吸収して自分自身で情勢を予想して、それぞれに根拠を自分で用意していれば危ない局面に来ても感情に流されることが減ります。

知識と経験値があれば相場を理解することができます。また、精神面が強くなれば感情に流されることなくチャートを正しく読むことも予想することもできます。投資とは何処まで行っても自己責任の世界です。基本に立ち返って視点を変えてみましょう。

このページをご覧の方には初心者向けにFXの基本を紹介もおすすめです。

レアル建て外貨預金を1年利用した結果機会ロスしか生まなかった話
以前の記事で登場した取締役に、おすすめされていた金融商品がもう1つありました。それがブラジル銀行を利用したレアル建て外貨預金です。株式投資で失敗した後に挑戦したのですが、ものの見事に失敗しました。今回は、私がレアル建て外貨預金で失敗した話を基に、外貨の定期預金についてお伝えします。
個人型確定拠出年金ならマネックス証券のiDeCo手数料0円のSBI証券のiDeCoがおすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

FXに限らず投資の王道はこれからの情勢を予想すること

地球儀・世界情勢・経済

FXや株への投資の王道とは、中、長期の政界情勢の先行きを予想することです。投資をする際に参考にするのは人の意見でしょうか、それとも自分の意志でしょうか?人の意見に自分の意見が合ったときでしょうか?自分の意志とはFXに対する知識や経験を元に考え出されているものです。

人の意見は、その人が存在するフィールドとその人の利害関係から生まれる考えをこちらに向けて発信されている訳です。世の中に流れている情報を見極めるためには、自分の知識と経験を活かしてしっかりした意志がないと、正しい情報を選択することさえもできません。

知識や経験が浅い場合は、値動きだけで利益を出す短期間の投資に陥りやすいでしょうが、じつは大きなリスクを背負っています。もし、値動きの予想がはずれたら損失が出る訳で、その損失を埋めようとついつい損切できずに損失を余計に膨らませてしまいます。

リスクをちゃんと読んでいないと更に大きなリスクに陥ってしまう例は多いのです。短期の売買は中期や長期に比べるとリスクの発生率は圧倒的に多くなります。そのため、少しずつでも知識と経験を積んで、自分でリスクの大きさを自分自身が知っておくことが大切です。

リスクを知ることが出来る様になるためには、知識と経験者の話を素直に聞く事や自分の経験から同じ失敗を繰り返さないことです。すると近い将来に、これから起こるであろうことを考慮し、将来の情勢を予想することが出来るようになるはずです。

FXは今後どの通貨により力が集まるのか当てるゲーム

デイトレードイメージ・株式投資

FXは、いわば世界中の国々を相手にして、今後どの通貨に力が集まるのかを当てるゲームのような感覚です。世界の通貨に投資するためFX会社が扱う通貨はだいたい10か国程度となっています。

FX会社が扱う通貨は、世界の基軸通貨と言われる米ドル、日本円、英国ポンド、欧州のユーロ、カナダドルや、これらの国より金利政策を高めにとっている豪ドル、NZドル、南アフリカランドの通貨が一般的です。

その他、最近はリスクが考えられるものの香港ドル、シンガポールドル、人民元、ノルウェークローナ、超高金利のトルコリラ、メキシコぺソなどを加えるFX会社も現れてきました。

先ほどの世界の基軸通貨以外の通貨は「マイナー通貨」と言われます。マイナー通貨は、いわば国力がそれほどしっかりしていない国の通貨で高い金利政策をとっていますので、スワップポイントが高く利息が利益の上に増えるため、特にFX取引においては魅力的な通貨です。

しかし、これらの国々の格付けをしっかりチェックして、情勢を予想してから始めるのが無難でしょう。

FXをゲーム感覚で楽しめるのは投資金額が少ない場合です。投資するお金が大切な財産ならばリスクをとることは出来ません。

リーマンショック後先進国は軒並み金融緩和という手当をして、金利を低く抑えたままになっていますので、先進国の通貨に投資するのは旨みがありません。円からFXに投資するのなら安定した通貨であるNZドルや、スワップポイントが高く情勢が安定している国に集中します。

株式投資と同じで王道は中期~長期の保有がベター

砂時計・時間・長期投資

FX投資の王道は、短期の投資やデイトレードではなく、中期~長期の保有です。短期のトレードはチャートを読むのも難しく、メンタル面もかなりのプレッシャーがかかります。

FXの醍醐味であるレバレッジを効かせ投資するのはやはり短期の投資でしょうが、リスクを背負うので最善の方法とはいえません。例えば負けてもすぐに冷静になってメンタルを切り替える事ができないと、負けがこんでしまったりして。

たとえその場のトレンドを正確に読んでいるとしても、細かなテクニカル分析が必要となり、プロでない限りミスを犯してしまうのが短期のトレードです。

FX投資で中期~長期の外貨の保有が良い理由は、例えば円安が進んだ場合、国内は輸入品に頼っているので、物価は上昇傾向になります。そんな時の為にも外貨を多く保有することはリスクへの備えになります。ただ長期の保有に注意すべき事はレバレッジを効かせないことです。

FXの特長でトレードの回数が増えると、どうしても負ける確率が増えるので長期の方が利益を上げやすい点です。短期の投資のようにチャートを見続ける必要もなくなりますし、プロとの戦いもしなくても済みます。スワップ金利が長期となると金額も増え、大きなメリットです。

ただし、長期となると市場で何が起こっているのかを正確に知っていることが重要です。為替を動かしている相場のファンダメンタルズ(経済の基礎的な情報)が判ってくると何に投資すれば良いのか見えてきます。

FXで勝てない人は自動売買ツールでも同じ結果に

バツ・デメリット・反対

FXに限らず、投資に勝てない人の心理面には共通点があります。どうしても感情に流されてしまう点と、主観が入りすぎる点です。両者とも人間の性に起因するものですよね。

これを避けるためには冷静にチャートを読むことですが、これがまさに真実を見る癖をつけることなのです。どうしても自分の失敗を冷静に見られないとか、原因を良い方に考えてしまうとか、このような思い込みをしないことが投資には必要になります。

FXのトレードをしている人の多数派は短期に利益を得ようとする人です。しかし、昼間は会社などで仕事をしている人が多いので物理的に自動売買ツールを必要とし、気持ちを楽に持っていきたいという心理が働きます。

FXトレードをしていると「損はしたくない」「損を増やしたくない」などとぎりぎりになるまで自分の感情と闘っています。自動販売ツールなら、こんな状況から解放してくれると思うのでしょうが、販売ツールの評判はいまひとつの様です。

自動販売ツールには多種類有り、ソフトには多くのデータから解析したロジックが入っていますが、このロジックが新しい市場の変化について行けないというのが理由です。

もちろんプログラムの更新もできますが、プログラム開発者の意図と買った人の意図が一致しない限り、ツールは役に立ちません。自動販売ツールに頼る投資家はいつまでも成長することができませんので、ツールを買っても良い結果がでないのです。

iDeCoの申し込みはマネックス証券がおすすめ

マネックス証券 iDeCo
マネックス証券 iDeCo

iDeCoで節税しながら資産づくりをはじめよう!
加入する前に知っておきたいことや
iDeCoをマネックス証券で加入するメリット
どれぐらいお得?どれぐらい貯まる?
タイプ別iDeCo加入例など
投資初心者の運用商品選びをしっかりサポート

オススメ

iDeCoは月額5,000円から入会できて、資金は60歳になるまで一切手を付けることができない個人型確定拠出年金です。

拠出金額が全額所得控除され、利息などに課税されることも一切ありません。受け取り時にも税制優遇があるので、将来の資産形成に最も効果的な投資方法と言えます。

この記事をご覧の方には「iDeCoは税制上“ほぼ確実”に資産形成ができる制度|個人型確定拠出年金について」も参考になります。

iDeCoは税制上“ほぼ確実”に資産形成ができる制度|個人型確定拠出年金について
当サイトでは資産形成のお手伝いに役立つ情報を提供していますが、税制上“ほぼ確実”に資産を増やすことができるiDeCo(個人型確定拠出年金)についての紹介をしていませんでした。自分事ですが、今年からフリーランスになった関係で、iDeCoに月68,000円積み立てることができるようになりました。いい機会なので、今回はiDeCo(個人型確定拠出年金)について紹介します。
個人型確定拠出年金ならマネックス証券のiDeCo手数料0円のSBI証券のiDeCoがおすすめです。

iDeCoについての基礎知識をつけたい方はこちらの書籍がおすすめです。