iDeCoは税制上“ほぼ確実”に資産形成ができる制度|個人型確定拠出年金について

2016年4月のシストレ24運用収支結果報告

通帳・紙幣・お札・電卓・振込・入金 システムトレード
スポンサーリンク
みなさんこんばんは。

当サイトをご覧いただきありがとうございます。このサイトに訪れたきっかけは「もっと簡単にお金を稼げる方法はないかな」「仕事が辛い、もっと楽がしたい」「働きたくない、できれば一生ダラダラのんびりしていたい」などと思って来ていただけた方もいるかもしれません。

そういった方には非常に残念な事実ですが、既に資産を構築している以外の方が楽して稼ぐことはほぼ100%不可能です。

資産形成にはとにかく時間が必要です。私は30代になってから資産の構築に挑戦していますが、資産形成は早く始めればそれだけ効果が出るものです。

特に『20代の頃に私が知っておきたかった資産形成に関すること』をメインの題材としています。色々な方向から資産形成についてアプローチし、みなさんにお役に立つ情報を提供できれば幸いです。

管理人の経歴などが気になる方はサイトコンセプトと管理人の自己紹介をご覧ください。記事一覧はこちらからご覧いただけます。

私がシステムトレードを始めたのは2016年4月、つまり先月からです。ちょっとしたミスで10万ほどのマイナスも叩き出したある意味記念すべき月となってしまっています。

しかし、これからシステムトレードを始めようと思っている方や何かいい投資方法はないかと探している方に少しでも参考となる記事になれば幸いです。

この記事をご覧の方には「シストレ24で資産を1/3にした失敗から学ぶFXの基本について」も参考になります。

シストレ24で資産を1/3にした失敗から学ぶFXの基本について
シストレ24を始めて2ヶ月で資産を1/3にした私ですが、実際に出した損失は約30万円となっています。つまり、たった2ヶ月で45万の資産を15万まで減らしてしまったという大失敗をしているのです。 私の失敗談が少しでも役に立てばいいと思って記事を作成しています。
この記事をご覧の方にはインヴァスト証券の運営するシストレ24がおすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

証拠金金額推移

確認・チェック・案内

2016年4月シストレ証拠金金額推移
2016年4月1日450,000 円
2016年4月30日301,082 円
月損益-148,918 円

ストラテジーの選定や今月起こったこと

学習・スケジュール・確認

手さぐりの中からストラテジーを選定

初めてシストレ24に挑戦した私は投資プログラム=ストラテジーを選ぶのにも一苦労です。どんなストラテジーがいいものなのかもよく分からない中適当に選んだストラテジーがいきなり25,000円ほどのマイナスを叩きだす(※画像1)という、順風満帆とは決して言えないシステムトレードのスタートでした。

投資回数が多いストラテジーを意識して選ぶように

とにかく最初のマイナスを受けて思ったことは「プログラムなんだからもっとチャキチャキ取引しろよ!」ということでした。建玉(購入済みの通貨)を見ている時は確かに利益が出ている時もあったのですが、ストラテジーが売らなかったがために損失を出していたのです。

そのため、取引回数が多く勝率の高いストラテジーに変更して取引を再開すると、多少負けることはありましたがコツコツ利益を積み重ねていってくれました。(画像1画像2画像3画像4

関連記事「シストレ24で人気のストラテジーを選ぶ方法|ステータスの組み合わせについても解説

シストレ24で人気のストラテジーを選ぶ方法|ステータスの組み合わせについても解説
シストレ24を利用して一番最初に悩むのが「どのストラテジーを選ぶのか」ですよね。 最初はとにかく何かストラテジーを選んで運用するしかないのですが、できることなら「早めに」「リスクを少なく」「利益を出したい」と考えるのではないでしょうか?私はそうでした。

証拠金100%以上で健玉が全て決済され12万以上の損失

ここで調子に乗ってしまった私が悪いのですが、ストラテジー選択の際に指定する取り扱い通貨数(最小は5,000~)を推奨証拠金の100%ギリギリになるまで設定してしまったのです。

選択した時には推奨証拠金98%ぐらいだったのですが、この場合、一度でもストラテジーが取引で損失を出すと推奨証拠金が減ってしまうので、100%を超えてしまうことがあります。まさにその状態に突入しました。(画像5

ストラテジー選択の際には、推奨証拠金が80%程度に収まるよう設定しておかないと、私が経験したような事故が起こりやすくなります。十分注意してください。

現状の投資効果測定

投資・FX・株取引・シストレ24について

2016年4月シストレ投資金額推移
準備金450,000 円
現状金額301,082 円
投資効率67%

決済画面推移と投資データ

画像をご覧いただきたい方はPCでの閲覧がおすすめです。

最初はどうしても勝手が分かりませんでした

決済履歴クローズ2016.3.30~

高勝率コツコツ型に変更したらとたんに上手くいくように♪

決済履歴クローズ2016.4.05~

いい感じ♪

決済履歴クローズ2016.4.11~

ちょっと負けても全然取り返せるね♪

決済履歴クローズ2016.4.15~

ぎゃぁぁ~!なんじゃこりゃ!!

決済履歴クローズ2016.4.19~

関連記事「シストレ24で資産を1/3にした失敗から学ぶFXの基本について

シストレ24で資産を1/3にした失敗から学ぶFXの基本について
シストレ24を始めて2ヶ月で資産を1/3にした私ですが、実際に出した損失は約30万円となっています。つまり、たった2ヶ月で45万の資産を15万まで減らしてしまったという大失敗をしているのです。 私の失敗談が少しでも役に立てばいいと思って記事を作成しています。

iDeCoの申し込みはマネックス証券がおすすめ

マネックス証券 iDeCo
マネックス証券 iDeCo

iDeCoで節税しながら資産づくりをはじめよう!
加入する前に知っておきたいことや
iDeCoをマネックス証券で加入するメリット
どれぐらいお得?どれぐらい貯まる?
タイプ別iDeCo加入例など
投資初心者の運用商品選びをしっかりサポート

オススメ

iDeCoは月額5,000円から入会できて、資金は60歳になるまで一切手を付けることができない個人型確定拠出年金です。

拠出金額が全額所得控除され、利息などに課税されることも一切ありません。受け取り時にも税制優遇があるので、将来の資産形成に最も効果的な投資方法と言えます。

この記事をご覧の方には「iDeCoは税制上“ほぼ確実”に資産形成ができる制度|個人型確定拠出年金について」も参考になります。

iDeCoは税制上“ほぼ確実”に資産形成ができる制度|個人型確定拠出年金について
当サイトでは資産形成のお手伝いに役立つ情報を提供していますが、税制上“ほぼ確実”に資産を増やすことができるiDeCo(個人型確定拠出年金)についての紹介をしていませんでした。自分事ですが、今年からフリーランスになった関係で、iDeCoに月68,000円積み立てることができるようになりました。いい機会なので、今回はiDeCo(個人型確定拠出年金)について紹介します。
個人型確定拠出年金ならマネックス証券のiDeCo手数料0円のSBI証券のiDeCoがおすすめです。

iDeCoについての基礎知識をつけたい方はこちらの書籍がおすすめです。