貯金が苦手な人にピッタリな貯蓄方法は投資信託|おすすめのインデックスファンドを紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
苦手
みなさんこんばんは。

当サイトをご覧いただきありがとうございます。このサイトに訪れたきっかけは「もっと簡単にお金を稼げる方法はないかな」「仕事が辛い、もっと楽がしたい」「働きたくない、できれば一生ダラダラのんびりしていたい」などと思って来ていただけた方もいるかもしれません。

そういった方には非常に残念な事実ですが、既に資産を構築している以外の方が楽して稼ぐことはほぼ100%不可能です。でも、「会社の給料以外にも収入を得ることができないか」「結婚・出産で会社を辞めたけど子育ても落ち着いたしまた働こうかな」などとお考えの方には、時間さえかければ収入の額は保証できませんが誰でも給料以外の収入を上げることが可能という言葉をお送りしたいと思います。

資産形成にはとにかく時間が必要です。私は30代になることから資産の構築に挑戦していますが、資産形成は早く始めればそれだけ効果が出るものです。特に20代の頃に私が知っておきたかった資産形成に関することをメインの題材として、色々な方向からアプローチして資産形成をお考えのみなさんにとって役に立つ情報が提供できればと思っています。

それではよろしくお願いします。

記事一覧を見たい方はこちらのリンクからお願いします。

スポンサードリンク

貯金が苦手な人にピッタリな貯蓄方法は投資信託
おすすめのインデックスファンドを紹介

投資も貯金も基本は一緒
コツコツ続けることが大事

チェック|ポイント|システムトレードの注意点

私もそうでしたが、資産を作るのに最も重要なのは、時間を味方につけることです。何事もそうですが、コツコツと努力したことに関しては、プロになることはできなくても、誰でも一定以上の結果を出すことができるようになります。

これは、投資や貯金の世界でも同じです。投資や貯金、資産形成に関しても、初心者ほど一発逆転ホームランを狙いにいってしまう傾向にありますが、投資の世界で勝ち続けている人は毎日、毎月、毎年コツコツとプラスを積み重ねている人です。

また、投資の世界では金利、複利も重要になります。金利や複利の力を存分に使うには、何より時間が必要になってきます。

少し話は変わりますが、1万時間やれば誰でもプロになれるという話もあります。

また調査に関連しての話ですが、この「1万時間」に例外はありませんでした。

「1万時間練習しても、プロになれなかった人」はいなかったのです。
また「プロで、1万時間より練習が少なかった人」もいませんでした。

まさに「プロ=1万時間」だったのです。

「1万時間やれば誰でもプロ!~ピグマリオン効果」マンガで分かる心療内科より

どんなことであっても時間をかけることは必要なようです。貯金や投資、資産形成でも1万時間実践すればプロになれるということです。

何らかの目標も大切だがまずは実践
毎月1万円でもいいから始めてみよう

コツコツ・積立・継続

私は資産形成の方法として、アフィリエイトサイトの作成やインデックスファンドによる投資信託をおすすめしています。アフィリエイトサイトの作成に関しては現在も挑戦中ですが、毎月1万円~2万円のキャッシュフローを生む程度なら、どんな人であっても可能であるというのが今のところの結論です。

中には毎月100万円、毎月1,000万円も稼いでいる人がいますが、ここまでいけなくても”それなりのレベル”までには誰でも到達できると思います。”それなりのレベル”は毎月5万円ぐらいになるかもしれませんが、それでもやらないよりはいいですよね。

投資や貯金などの資産形成に関しても同じです。極端な話をすれば、方法は何でもいいからとにかくコツコツ挑戦し続けることが大切なのだと思います。

まずは毎月1万円、これが難しい人なら毎月5,000円でもかまいません。毎月1万円でも1年続ければ12万円、5年続ければ60万円です。

貯金ならここでほぼ終わりですが、投資ならさらに複利もついてきます。千里の道も一歩からとはよく言ったものです。

コツコツ貯金するのが苦手な私が
実践しているほったらかし投資法

貯金が増える|相場上昇|投資

さて、私自身、コツコツ貯金することが苦手なタイプです。そんな私がコツコツ投資することができているのは、投資の仕組みを作った後はほったらかしにしているからだと思います。

30歳になる直前に、60歳になるまでに1億円貯めようと思い立ち、毎月1万円の貯蓄型保険に加入することから始めました。今ではその金額が毎月8万円ほどになっていて、さらにインデックス投資も毎月5万円挑戦していますから、正直給料のほとんどは投資や保険で消えていっています。

保険貧乏なんて言葉もありますが、それに近い状態になってはいます。(お金は貯まっていきますが…)

傍から見ると凄まじい苦行に耐えているように思えるかもしれませんが、私は何も特別なことはやっていません。

ただ1つやっていることは、給料が入ったら次の日かその次の日(10日が給料日だとしたら11日か12日)に毎月決まった金額を引き落としてしまうようにしているだけです。

これが私の実践しているほったらかし投資法の全容で、単純に毎月の給料から決まった金額を引き落としてしまえば、残った金額でなんとかやりくりするであろうという安易な方法なのです。

幸いやってしまえば何とかなるもので、今のところ貯蓄保険を解約することもなく続けてこれています。最初の貯蓄保険の契約からは4年ほど経っているので、48万円ぐらいは最低でも貯められていると思います。

ほったらかし投資法の良いところは、貯めた金額を現金として受け取るためにひと手間かけなければいけないところにもあります。銀行口座などではすぐに自分が貯めている金額が分かってしまうので、何かの拍子に引き出して使ってしまうことがあり得ます。

しかし、すぐに現金で引き出せるようにせず、何らかのアクションを挟むようにすることで、そこまでして必要なものなのか再考する時間ができます。

大抵のものはそこまでして欲しいものではなく、そこまで必要なものでもないもで、自然とお金が貯まっていくシステムになっています。

私が利用しているインデックスファンドを紹介

説明|解説|案内|紹介

私が選んだインデックスファンドはセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドです。ざっくり説明すると、このファンドは国内株式、国内債券、海外株式、海外債券に25%ずつ投資することになっています。

基本的に株式は景気がよければ上がり、債権は景気が悪ければ上がるようになっています。これらを国内と海外で50%ずつ所持して、さらに株式と債券で50%ずつ所持するようにすれば、大抵の相場変動リスクに備えられると感じたのが理由です。

このインデックスファンドは毎月4日に引き落としがあり、23日頃に株式などを購入するようになっています。ほおっておいても段々と金額が増えていくのは見ていて面白いですよ。

詳しい説明は下記の動画が分かりやすいと思うので、興味のある方は参考にしてください。

それでは今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加