iDeCoは税制上“ほぼ確実”に資産形成ができる制度|個人型確定拠出年金について

初心者向けに株式投資の基本を紹介

投資初心者 株式投資
スポンサーリンク
みなさんこんばんは。

当サイトをご覧いただきありがとうございます。このサイトに訪れたきっかけは「もっと簡単にお金を稼げる方法はないかな」「仕事が辛い、もっと楽がしたい」「働きたくない、できれば一生ダラダラのんびりしていたい」などと思って来ていただけた方もいるかもしれません。

そういった方には非常に残念な事実ですが、既に資産を構築している以外の方が楽して稼ぐことはほぼ100%不可能です。

資産形成にはとにかく時間が必要です。私は30代になってから資産の構築に挑戦していますが、資産形成は早く始めればそれだけ効果が出るものです。

特に『20代の頃に私が知っておきたかった資産形成に関すること』をメインの題材としています。色々な方向から資産形成についてアプローチし、みなさんにお役に立つ情報を提供できれば幸いです。

管理人の経歴などが気になる方はサイトコンセプトと管理人の自己紹介をご覧ください。記事一覧はこちらからご覧いただけます。

銀行等に貯金をするだけでは、金利などでお金を増やすのは難しいです。資金を増やすために、これから株式投資をしてみようかとお考えの方もいるでしょう。今後もどんどんと物価が上がっていくことが予想されますし、株式投資を利用するのが適しています。

しかし、まだ株式投資をしたことがない方にとっては、どういったものなのかもわからない可能性があります。初心者の方がいきなり始めたとしても、上手くいかないとも考えられるものです。よって、株式投資を始める前に、基本や特徴を前もって知っておきましょう。

そこで今回は、株式投資の基本について迫っていきます。事前にしっかりとマスターして、今後の資金運用の参考になさってみてはいかがでしょうか。

この記事をご覧の方は資産形成を早めに始めた方がいい理由とおすすめの投資方法を紹介もおすすめです。

資産形成の方法と種類を紹介|資産の形成は早く始めたほうがお得!!
資産の形成に最も必要なものとなるのは時間です。多くの方が資産を作ろうと思い立った時に、資金がないことを理由に諦めてしまうことがあります。しかし、それは誤解です。資産を作り、労働以外の収入を得ようとするには複利という利率の効果を得ることが最も効果的です。
個人型確定拠出年金ならマネックス証券のiDeCo手数料0円のSBI証券のiDeCoがおすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

株式投資の基本について

質問・疑問・なぜ

企業(株式会社)が、事業活動で必要となる資金を調達する目的で発行されたのが株式です。株式投資とは、この株式を売買する行為のことを言います。株式投資においては、投資で得られる見返りの他にも、株式を持つことで発生する株主の権利もあるのです。

日本には4つの証券取引所があり、そこで株取引がされます。ただ、証券取引所に個人で出向いたとしても株は購入できないために、証券会社に仲介してもらう必要があります。この頃ではネット証券で口座を開設する方も少なくありません。

最初に証券会社に口座を開いたなら、株投資のルールについても知っておきましょう。東京証券取引所の場合は、午前9時から午後3時まで取引が行われ、この間に株取引が可能となっています。午前11時半から午後12時半は昼休憩です。

注文方法には成行注文と指値注文があります。指値注文は、額を指定する注文方法であり、希望額での売買ができるものの、条件に合う方がいた場合にのみ取引が成立します。成行注文では値段は指定しませんので成立しやすくなりますが、思ったのとは異なる値段での取引となる可能性もあります。

さらに、最低購入額が10万円以下という少額での購入が可能な株も多くありますので、少額からの取引ができます。それに、ハイリターンも見込める点も大きな特徴です。

ただ、資産を失ってしまうリスクもないとは言い切れないのですが、色々な株に分散させて投資をするとそのリスクも減らせるでしょう。

株式投資の3つのスタイル
短期・中期・長期の投資方法

確認・チェック

株式投資は3つのスタイルによって分けられます。短期投資は数分から数日単位において売り買いがされます。デイトレードと言う分類であり、投資の資金が少ないという場合や、取引に割ける時間が多い方、あまり熱くならないタイプの方に適しています。

キャピタルゲイン(資産を売買することで生じる利益)のみを狙う投資術でもあります。儲かる確率は50%ほどでしょう。

中期投資は、数週間から1年程度で売り買いします。色々な方法があるのですが、端的に言うと上がりそうな株を安いうちに取って、高くなるまで放置して高くなったら売るという手段です。お仕事をされていてなかなか取引の時間が取れないという方や、感情的になりやすい方にも向いています。

キャピタルゲインやインカムゲイン(資産を保有することで生じる利益)が狙えますし、時期次第では株主特典も狙えます。少ない資産であってもコツがわかれば資産も増やせる手段です。

長期投資は、数か月単位や数年単位で売り買いします。中期投資と区別するのが難しくはあるものの、数年間保有するのを目的としたもので分類もできます。中期的な取引がそのまま長期になるケースも少なくありません。

金銭的な余裕があって、しばらくの間使わないお金がある方には特に適している方法です。取引にあまり時間がかけられない方や、のんびりとしている方、老後の貯蓄として狙っている方、理性的である方に適しています。

長期投資の場合も、キャピタルゲインやインカムゲインが狙えますし、時期によっては株主特典が狙える可能性があります。

株式投資の王道はバフェット式投資法

メガネ・夕暮れ眼鏡美女

バフェット式投資法とは王道の投資法であり、大投資家であるウォーレンバフェットの投資方法のことを言います。塩漬け株(ずるずると長期保存してしまっている株)を持っている投資家の中には、このバフェットの投資方法を参考にして開始した方も少なくありません。

バフェットの投資スタイルとは、長期にわたり企業に投資をして、資産を堅実に増やしていくものです。ただ、安易に真似ようとすると、かえって塩漬け株が増加してしまう恐れもあるため、注意も必要です。

塩漬け株が増加するのは、バフェットの投資法を真似し切れていない点にもありますし、日本市場には不向きの投資スタイルである点も挙げられます。

バリュー株は、売上や利益の成長が見られないといった理由により、今の時点での株価が、本来の企業価値を考慮に入れた水準に比べ、安価であると考えられる株式です。

要するに、本来は1,000円の価値がある株であったとして、株価が500円で放置されてしまっている株のことなのです。

バリュー株は長期保有に適しているとされていますが、普段忙しくされている方にも適しています。バリュー株の投資をするメリットは、長期的に日々株を気にすることなく、ゆっくりと株を保存して行けるという点にあります。元は現在の株価よりも価値が高いものなので、いずれは本来の価値と同等へ上がることも予想されるでしょう。

初心者におすすめの投資法は中期~長期

砂時計・時間・長期投資

投資の初心者におすすめの投資方法は中期から長期の投資です。中期投資は短期投資よりも株を保有する期間が長いのが特徴で、数ヶ月~2年ほどのスパンで売買するものです。

細かな値動きを気にする必要がないため、日中は仕事をされている方にも適しています。長期投資は中期投資と大体同じですが、期間はもっと長くなり3年から10年、もしかすれば、もっと保有することとなる投資スタイルとなります。

中長期の投資で分散型(リスクヘッジもできるため)で行うのが、初心者の投資家の方にはおすすめです。最初のうちはこのスタンスで開始して、元金がたまったなら様子をみてからスタンスの変更も可能であるため、無理をせずに進めていくと良いでしょう。

中長期の投資であれば、利益を出しやすい点がメリットになります。期間を割と長く保有するので、タイミングがとても悪いと言った場合などではない限り、いずれは上昇すると考えられます。その際にきちんと売れるなら、利益も蓄積されていくでしょう。

また、普段は他の仕事をしている方であっても、頻繁に値動きをチェックする必要がないので始めやすい投資方法になります。

投資のポイントとしては、買う前にきちんと買おうとしている企業の業績などもチェックすることや、できるだけ割安の時に購入すること、売るタイミングを考え、少しくらいの値動きに惑わされることなく保有する点などが挙げられます。

iDeCoの申し込みはマネックス証券がおすすめ

マネックス証券 iDeCo
マネックス証券 iDeCo

iDeCoで節税しながら資産づくりをはじめよう!
加入する前に知っておきたいことや
iDeCoをマネックス証券で加入するメリット
どれぐらいお得?どれぐらい貯まる?
タイプ別iDeCo加入例など
投資初心者の運用商品選びをしっかりサポート

オススメ

iDeCoは月額5,000円から入会できて、資金は60歳になるまで一切手を付けることができない個人型確定拠出年金です。

拠出金額が全額所得控除され、利息などに課税されることも一切ありません。受け取り時にも税制優遇があるので、将来の資産形成に最も効果的な投資方法と言えます。

この記事をご覧の方には「iDeCoは税制上“ほぼ確実”に資産形成ができる制度|個人型確定拠出年金について」も参考になります。

iDeCoは税制上“ほぼ確実”に資産形成ができる制度|個人型確定拠出年金について
当サイトでは資産形成のお手伝いに役立つ情報を提供していますが、税制上“ほぼ確実”に資産を増やすことができるiDeCo(個人型確定拠出年金)についての紹介をしていませんでした。自分事ですが、今年からフリーランスになった関係で、iDeCoに月68,000円積み立てることができるようになりました。いい機会なので、今回はiDeCo(個人型確定拠出年金)について紹介します。
個人型確定拠出年金ならマネックス証券のiDeCo手数料0円のSBI証券のiDeCoがおすすめです。

iDeCoについての基礎知識をつけたい方はこちらの書籍がおすすめです。

2017年から公務員や専業主婦にまで間口が広がるとともにiDeCoの愛称で周知され、一気に加入者が倍増した個人型確定拠出年金。

法改正により、ほぼすべての人が加入できるようになったiDeCoは、“国をあげてオトクな制度を作り上げた”といっていいくらいさまざまなメリットがあります

iDeCoのメリット、それはおおきく分けて以下の3つです。
  • しくみのメリット
  • 税金のメリット
  • コストのメリット
本書では、3つのメリットについて詳細に解説し、iDeCoの魅力を余すことなくお伝えします。