株式投資を始める前に知っておきたい4つのこと

iDeCoの個人年金は税制優遇があります
マネックス証券 iDeCo
株式投資・株主優待

みなさんこんばんは。

当サイトをご覧いただきありがとうございます。このサイトに訪れたきっかけは「もっと簡単にお金を稼げる方法はないかな」「仕事が辛い、もっと楽がしたい」「働きたくない、できれば一生ダラダラのんびりしていたい」などと思って来ていただけた方もいるかもしれません。

そういった方には非常に残念な事実ですが、既に資産を構築している以外の方が楽して稼ぐことはほぼ100%不可能です。

資産形成にはとにかく時間が必要です。私は30代になってから資産の構築に挑戦していますが、資産形成は早く始めればそれだけ効果が出るものです。

特に『20代の頃に私が知っておきたかった資産形成に関すること』をメインの題材としています。色々な方向から資産形成についてアプローチし、みなさんにお役に立つ情報を提供できれば幸いです。

管理人の経歴などが気になる方はサイトコンセプトと管理人の自己紹介をご覧ください。記事一覧はこちらからご覧いただけます。

株式投資の始め方は、それほど難しいわけではありませんが、自分の気持ちの中でいくつか最初にルールを決めておくことで、安定した取引ができるスタイルを確立できます。

例えば、ポジションを保有したら、どのタイミングで手放すのかは最初に決めておくべきことの一つで、利益が出た場合には利益率がどのぐらいで手放すのか、また損失が出てしまった場合には、どのタイミングで損切りをするのかを決めておいた方が、感情を取引に入れることなく安定した取引ができます。

そして、そうしたルールを決めて取引する方が、長期的には確実に利益を積むことができるのです。株で失敗したり大きな損失が出来ない人の多くは、数多くの小さな利益を1回の大きな損失ですべて失ってしまう傾向にあるので、その辺のルールは自分なりに決めておきましょう。

この記事をご覧の方には初心者向けに株式投資の基本を紹介もおすすめです。

銀行等に貯金をするだけでは、金利などでお金を増やすのは難しいです。資金を増やすために、これから株式投資をしてみようかとお考えの方もいるでしょう。今後もどんどんと物価が上がっていくことが予想されますし、株式投資を利用するのが適しています。
個人型確定拠出年金ならマネックス証券のiDeCo手数料0円のSBI証券のiDeCoがおすすめです。

スポンサードリンク

株式投資のスタイルを決めておく

やり方・スタイル・選ぶ・選択

株式投資をする際には、実際に株を購入してポジションを持つ前に、自分がどんなスタイルで取引をしようと考えているのかを決めておく必要があります。

ポジションを持ってから考えようとしても、ポジションを持つと株価の変動によって利益や損失が出始めてしまい、それが取引スタイルの決定に影響を及ぼしてしまう可能性があるかもしれません。

例えば、株価が上昇して利益が出ている時なら、「このままいけば、もっと利益が大きくなるに違いない」と取らぬ狸の皮算用をするかもしれませんし、損失が出ていても「きっと価格が盛り返して利益に転じるはずだから、そこで手放そう」と根拠なく楽観的になってしまうかもしれません。

株式の取引に感情を入れてしまうと、利益を確定できるタイミングを逃して利益が目減りしたり損失に転じてしまったり、また損失がどんどん大きくなってしまうリスクが高くなってしまうのです。

そうならないためには、ポジションを持つ前の段階で、どんなスタイルで取引するのかを決めておき、自分のルールに沿って利益確定や損切をする勇気が必要です。

どんな点を決めておくかというと、いくらの資金で株式を購入して、利益率はいくらのタイミングで手放すのか、また損失が出てしまった場合にはどのタイミングで損切りをするのか、またポジションを保有する時間はデイトレーダー的に当日中に完結させるのか、数日間という短期トレードをするのか、それとも中長期という長いスパンでポジションを保有するつもりなのか、という点があります。

どんなスタイルかによってどんな銘柄がぴったりなのかが変わりますし、安定した取引にもつながります。

株を買う前に売却条件の設定をしておく

チェックリスト・条件

株式投資をする際には、株を買う前に売買条件を自分なりに設定しておくことはとても大切なことです。実際にポジションを持ってしまってからだと、どうしても感情や欲が出てしまうため、客観的で賢明な選択ができなくなってしまうためです。

例えば、自己資金100万円で株をはじめ、あまり考えないままポジションを保有したとしましょう。少しして株価をチェックしてみたところ、自己資金100万円が108万円まで増えていたとしたら、多くの人は「きっともっと上がり続けて利益が大きくなるかもしれない」と期待するのではないでしょうか。

実際にそうなる可能性はありますが、株投資においては、そうした期待で取引をするのは賢明ではありません。利益が出たら、どのぐらいの利益率で手放すのかを最初に決めて置き、価格が上昇し続けていてもいなくても、その利益率で確定させた方が、確実な儲けが出せるのです。

価格が下がって損失が出てしまった場合でも同じです。人間誰でも損をする事は嫌ですから、100万円の自己資金が95万円に下がってしまったとしたら、ガッカリするでしょう。

そして、「きっと盛り返して100万円まで戻してくれるに違いない」と期待してしまいます。そうなることもありますが、最悪の場合にはどんどん価格が下がり続けて最初の100万円が50万円になってしまうという悲劇が起こる可能性もゼロではありません。

そうならないためには、あらかじめ損失がどのぐらい出たら損切をするのか、売却条件を設定しておくことが必要です。

なぜ買うか、いつまで所有するのかは購入前に決めておく

投資術・投資資料イメージ

株式取引は運任せのギャンブルではなく、根拠のある買い方をする投資商品です。株を始めたばかりの初心者だと理由なく銘柄を選ぶことは多いのですが、できるだけ購入前になぜ買うか、というはっきりした理由に基づいてポジションを取ったほうが、安定した取引につながるでしょう。

理由はいろいろあり、株価の変動に影響するような企業の動向などもあれば、取引システム上におけるチャートの動き方に値上がりする気配がある、というものまで様々です。

しかし、どんな理由でも「ただ何となく」買うよりも自信をもって根拠のある取引ができるので、利益を出しやすくなることは言うまでもありません。

また、株の購入前にはポジションをいつまで所有するのかについても決めておくことが必要です。デイトレードのように市場がクローズする前に手放す予定なのか、数日間という短期トレードをするつもりなのか、それとも中長期で大きな株価変動はなくても長いスパンで取引したいのかによって、どんな銘柄がぴったりなのかが異なります。

ポジションを持ってしまってからでは、そうした期間的な部分を大幅に変更することは難しいので、できるだけ購入前に自分なりのスタイルを決めたうえで取引をスタートしたほうが良いでしょう。

デイトレのように短いスパンで取引することを考えている人は、取引の度に手数料が発生することを念頭に入れておくことも必要です。小さな利益が手数料で相殺されてしまうことがないように考えながら、取引をしましょう。

株式投資を始めるのはネット証券がおすすめ

ネット証券イメージ

これから株式投資を始めたいという人は、ネット証券で口座を開設するのがおすすめです。ネット証券を利用すると混雑している証券会社の窓口に並ぶ必要がなく、自宅でパソコンを使っていつでも気軽にマイペースで取引をすることができます。

自宅のそばに証券会社がなくても問題ありませんし、スマホに対応している証券会社なら外出先からでも取引ができるので、株式投資を自分の生活の一部にする事ができるでしょう。

また、ネット証券は店舗型の証券会社と比べると、人件費や設備投資費がかからないため、取引における手数料などが安価だというメリットがあります。少ない資金でコツコツと利益を積み上げたい投資家にとっては、手数料が少ないことは大きなメリットと言えるでしょう。

特にデイトレーダーのように何回も取引を行う場合には、手数料だけでもかなりまとまった金額になってしまうことが多いものです。ネット証券ならそうした点も安心です。少額で口座開設できるネット証券はたくさんあるので、お小遣いやへそくりで株にトライしたい人にもおすすめです。

さらに、ネット証券を利用して株式投資をすると、価格の変動をチャートでリアルタイムに見ながら取引のタイミングを自分で決めることができます。

窓口だと他人がいる中で集中できませんし、精神的なストレスを抱えやすいのですが、ネット証券なら自分でタイミングを決めることができるので、ストレスフリーな取引が可能です。

[テキスト株]

iDeCoの申し込みはマネックス証券がおすすめ

マネックス証券 iDeCo
マネックス証券 iDeCo

iDeCoで節税しながら資産づくりをはじめよう!
加入する前に知っておきたいことや
iDeCoをマネックス証券で加入するメリット
どれぐらいお得?どれぐらい貯まる?
タイプ別iDeCo加入例など
投資初心者の運用商品選びをしっかりサポート

オススメ

iDeCoは月額5,000円から入会できて、資金は60歳になるまで一切手を付けることができない個人型確定拠出年金です。

拠出金額が全額所得控除され、利息などに課税されることも一切ありません。受け取り時にも税制優遇があるので、将来の資産形成に最も効果的な投資方法と言えます。

この記事をご覧の方には「iDeCoは税制上“ほぼ確実”に資産形成ができる制度|個人型確定拠出年金について」も参考になります。

当サイトでは資産形成のお手伝いに役立つ情報を提供していますが、税制上“ほぼ確実”に資産を増やすことができるiDeCo(個人型確定拠出年金)についての紹介をしていませんでした。自分事ですが、今年からフリーランスになった関係で、iDeCoに月68,000円積み立てることができるようになりました。いい機会なので、今回はiDeCo(個人型確定拠出年金)について紹介します。
個人型確定拠出年金ならマネックス証券のiDeCo手数料0円のSBI証券のiDeCoがおすすめです。

iDeCoについての基礎知識をつけたい方はこちらの書籍がおすすめです。

2017年から公務員や専業主婦にまで間口が広がるとともにiDeCoの愛称で周知され、一気に加入者が倍増した個人型確定拠出年金。

法改正により、ほぼすべての人が加入できるようになったiDeCoは、“国をあげてオトクな制度を作り上げた”といっていいくらいさまざまなメリットがあります

iDeCoのメリット、それはおおきく分けて以下の3つです。
  • しくみのメリット
  • 税金のメリット
  • コストのメリット
本書では、3つのメリットについて詳細に解説し、iDeCoの魅力を余すことなくお伝えします。